みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ファースト・マン』('19初鑑賞12・劇場)

<<   作成日時 : 2019/02/14 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
2月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。


見どころ:
『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。
人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描く。

ジェイムズ・R・ハンセンの著書を『スポットライト 世紀のスクープ』などのジョシュ・シンガーが脚色した。
共演は『蜘蛛の巣を払う女』などのクレア・フォイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラークとカイル・チャンドラーら。


あらすじ:
幼い娘を亡くした空軍のテストパイロット、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)は、NASAの宇宙飛行士に応募し、選抜される。

彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を受ける。
指揮官のディーク・スレイトン(カイル・チャンドラー)は、当時の宇宙計画において圧倒的優位にあったソ連も成し得ていない月への着陸を目指すと宣言する。


(シネマトゥデイ)





人類史上初めて月に降り立った、宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いたもの。

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」
(That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.)



ジェミニ計画からアポロ計画へとドキュメント・タッチで思った以上に真面目に描いていました。
『ラ・ラ・ランド』の監督さんなので、もっとエンタメよりの演出を期待してたんですが、映像もリアル志向で悪く言えば地味。月の場面、期待したんですが・・・



IMAX上映だとIMAX撮影部分の画角が上下に広がる(1:1.43)ので、かなり印象が変わるかと思いますが、ストーリー自体も正直あまり魅力的ではなかった。


あくまでも、ニールという人物を描いたものですが、この方、ものすごく寡黙であんまり喋らない。
なので、なに考えてんだか、少々分かりにくい。



冒頭、重病の幼い娘を看病する場面が続き、ついには亡くなってしまう。

彼が月に持って行ったもの。 つねに幼くして亡くなった娘のことが心から離れない。




ドラマとしては、宇宙飛行士を夫に持つ奥さんの苦悩
(いつ死んでもおかしくない状況)とか興味深い部分ではあります。



同じような題材を描いた(視点はかなり違うが)『ドリーム』のほうが数倍映画として面白かったなぁと
正直な感想です。(^^;;







ファースト・マン (2018)
2019年2月8日公開 141分

映画詳細データ
英題:FIRST MAN
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・製作:デイミアン・チャゼル
脚本・製作総指揮:ジョシュ・シンガー
原作:ジェイムズ・R・ハンセン
製作:ウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ
撮影:リヌス・サンドグレン
プロダクションデザイン:ネイサン・クロウリー
編集:トム・クロス
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

キャスト
ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)
クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)
ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)
カイル・チャンドラー(ディーク・スレイトン)
コリー・ストール(バズ・オルドリン)
キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)
パトリック・フュジット(エリオット・シー)
ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)




よろしければ、クリックお願い致します♪




ドリーム [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ファースト・マン」
1966年、アメリカは世界初の宇宙空間での有人宇宙船のドッキングを行い、1969年、アポロ11号で月面着陸と月表面へ降り立つことに成功。この大事を成し遂げたのが、ニール・アームストロングである。本作はアームストロングが過去の痛みを背負い、仕事に殉じる可能性を現実に突きつけられながら、それらに向き合いつつ遂には月面着陸に成功するまでの軌跡を描いた作品である。「鷲は舞い降りた」「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」…あまりにも有名なこのセリフ。月面着陸時にアームスト... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2019/02/13 15:48
劇場鑑賞「ファースト・マン」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201902120000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2019/02/13 19:52
映画「ファースト・マン」
映画「ファースト・マン」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2019/02/13 21:08
ファースト・マン
1961年、アメリカ空軍でテストパイロットを務めていたニール・アームストロングは、幼い娘を病で亡くしてしまう。 その悲しみから逃れるように、彼はNASA(アメリカ航空宇宙局)ジェミニ計画(二度目の有人宇宙飛行計画)の宇宙飛行士に応募する…。 人類で初めて月面に降り立った男の、実話から生まれた物語。 ...続きを見る
象のロケット
2019/02/15 00:39
ファースト・マン・・・・・評価額1750円
彼は、月で何を見たのか。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2019/02/16 12:44
「ファースト・マン」:ガタガタとボカン!ボカン!   #ファースト・マン #デイミアン・チャゼル
映画『ファースト・マン』は、デイミアン・チャゼル監督が地味に、でも迫真の映像で表 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2019/02/16 23:51
ファースト・マン
 アメリカ  ドラマ ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2019/02/17 10:11
映画「ファースト・マン[IMAX2D・字幕]」感想
どんな偉業も人ありき ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2019/02/22 19:17
ファースト・マン
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自... ...続きを見る
映画に夢中
2019/03/26 22:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ファースト・マン』('19初鑑賞12・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる