みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』('19初鑑賞05・劇場)

<<   作成日時 : 2019/01/05 14:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月4日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:00の回を鑑賞。


見どころ:
『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋を主演に迎え、渡辺一史の著書「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化したドラマ。
幼いころから難病で車椅子生活だった主人公の涙と笑いの日々を映し出す。

医大生をドラマ「僕のいた時間」などの三浦春馬が演じ、ヒロインをドラマ「過保護のカホコ」などの高畑充希が好演。『猿ロック』シリーズなどの前田哲が監督を務め、ドラマ「ウォーターボーイズ」シリーズや『映画 ビリギャル』などの橋本裕志が脚本を担当している。


あらすじ:
北海道で医大に通う田中(三浦春馬)は、ボランティア活動を通じて体が不自由な鹿野(大泉洋)と出会う。
鹿野は病院を出てボランティアを募り、両親の助けも借りて一風変わった自立生活をスタートさせる。

ある日、新人ボランティアの美咲(高畑充希)に恋をした鹿野は、ラブレターの代筆を田中に頼む。
ところが美咲は田中の恋人だった。

(シネマトゥデイ)





年末にTV番組「世界一受けたい授業」でも詳しく紹介されていたので、鑑賞しました。
筋ジストロフィーと言う病気に侵された鹿野さんの半生を、ユーモアたっぷりに描きます。


いわゆる障がい者介助を描くとなると、重く辛いものになりがちですが、鹿野さんご本人の楽天的な部分と、鹿野さんを演じる大泉洋の個性が上手く合わさり、作品として爽やかに後味の良いものになっていました。

実際はこんなものじゃないのでしょうけども。


鹿野さんが語った一言一言にはっとさせられました。
同じ境遇の少年に
 「困ったときは、助けを求める勇気を持つことも必要」 と言う場面が印象的。


健常者の自分たちがこれからどう接していくのか、そして自分たちもこの先介護される側になる時どうすればいいのか、いろんなことを考えさせられる作品でした。



大泉洋の芝居は上手いですよねぇ。
個人的には、高畑充希の魅力にドはまりです。 鎌倉ものがたりの彼女も良かったが、今作も素晴らしい。


鹿野さんとのちょっとしたラブ・シーン未満、良い場面です。(^−^)







こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 (2018)
2018年12月28日公開 120分

映画詳細データ
製作国:日本
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
制作協力:松竹映像センター
製作:「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
製作幹事・配給:松竹
製作幹事:日本テレビ
カラー/ビスタ

スタッフ
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
原作:渡辺一史
主題歌:ポルノグラフィティ
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁、伊藤響
企画・プロデュース:石塚慶生
プロデューサー:飯沼伸之、寺西史
ラインプロデューサー:阿部智大
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:三ツ松けい子
録音:鈴木肇
編集:西潟弘記
衣裳デザイン:小川久美子
ヘアメイク:小沼みどり
装飾:松尾文子
VFX:浅野秀二
音響効果:岡瀬昌彦
記録:松村陽子
医療指導:土畠智幸
介助指導:浅野目祥子
音楽プロデューサー:高石真美
宣伝プロデューサー:櫻糀恵介
制作主任:堤健太
制作担当:木村広志
助監督:茂木克仁

キャスト
大泉洋(鹿野靖明)
高畑充希(安堂美咲)
三浦春馬(田中久)
萩原聖人(高村大助)
渡辺真起子(前木貴子)
宇野祥平(塚田心平)
韓英恵(泉芳恵)
竜雷太(鹿野清)
綾戸智恵(鹿野光枝)
佐藤浩市(田中猛)
原田美枝子(野原博子)




よろしければ、クリックお願い致します♪






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」@一ツ橋ホール
 試写会の客入りは8割位、客年齢は小学生くらいのお子さんから大人まで幅広い客層だ。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2019/01/05 16:03
『こんな夜更けにバナナかよ』一ツ橋ホール
▲車椅子って相手を見上げる形になる事にまず問題があるみたいな事を乙武さんが言ってなかったっけ? ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2019/01/05 23:16
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
北海道・札幌。 鹿野靖明は幼い頃から難病の筋ジストロフィーを患い、車いす生活をしている。 介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。 夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出すワガママな彼に、医大生ボランティアの青年・田中は振り回されっぱなし。 更に鹿野は、彼の恋人・美咲に一目ぼれしてしまう…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2019/01/06 01:22
映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
元日はファーストデーだったので、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2019/01/06 19:25
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。あらすじ:北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワ... ...続きを見る
映画に夢中
2019/01/07 23:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』('19初鑑賞05・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる