いだてん 第02回「坊ちゃん」




大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第2回「坊ちゃん」 あらすじ・・・・・・・


この日、テレビ寄席で志ん生が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。

学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。
軍人に憧れ海軍兵学校を受けるも不合格に。

身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。


運命の出会いが近づいていた。


(オフィシャルサイトより)




斬新すぎるタイトルの文字が怖いという記事がありました。
果たして、どうするのでしょうね。


明治・大正・昭和 を目まぐるしく行ったり来たりするので、少々分かりにくいといった批評もあり。
まだ出始めなんで、慣れの問題だと思いますが。


とにかく前回第1回の最後の最後に登場したのが主人公:金栗四三。 
熊本で、『西郷どん』最終話で描かれた西南戦争直後に、父親が43歳の時に生まれたから四三。


親父(田口トモロヲ)は極度の虚弱体質。なのに、子だくさん。(笑)
ちょっと歩いては、医者に勧められた重曹水を飲む。


子ども時代から青年期が今回のメイン。
綾瀬はるか が幼馴染のスヤ役で登場。 かなりカワイイ。ぴったり合ってます。


次回は嘉納治五郎と出会うのかな?





よろしければ、クリックお願い致します♪




伝説のオリンピックランナー〝いだてん〟金栗四三
汐文社
近藤 隆夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック