みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『来る』('18初鑑賞78・劇場)

<<   作成日時 : 2018/12/25 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
12月7日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:00の回を鑑賞。


見どころ:
第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。

主演を岡田准一が務めるほか、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。
劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。


あらすじ:
幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。
取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。

そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。
2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め……。

(シネマトゥデイ)







映画『来る』鑑賞。
久しぶりの中島哲也監督作品ってことで、期待大。



原作未読。
よくあるパターンなんですが、原作を読んでると、映画の評価は低くなりますね。



和製エクソシストっぽく、韓国映画の『哭声/コクソン』の影響も受けているような印象。

主役5人それぞれが芸達者な面々。
特に途中まで小松奈々&松たか子だと分からんぐらいのルックスで、役になりきった芝居は見所。


特に、柴田理恵がすごいです。
お笑いのおばちゃんでケンミンショーに出てるぐらいしか印象なかったんですが、こんな芝居ができるとは!!


なにが「来る」のか、色んな解釈ができるかと思います。
血糊の量もなかなか凄いので、苦手なかたは要注意。


私はこういうの大好きなので、星5個つけます。🤣





来る (2018)
2018年12月7日公開 138分

映画詳細データ
製作国:日本
製作:「来る」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画、ギークサイト
配給:東宝
カラー(全国東宝系)/ビスタ

スタッフ
監督・脚本:中島哲也
原作:澤村伊智
脚本:岩井秀人、門間宣裕
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:川村元気
プロデューサー:西野智也、兼平真樹
制作プロデューサー:佐藤満
ラインプロデューサー:内山亮
撮影:岡村良憲
照明:高倉進、上野敦年
録音:矢野正人
美術:桑島十和子
装飾:西尾共未
スタイリスト:申谷弘美
チーフヘアメイク:山崎聡
音楽プロデューサー:冨永恵介、成川沙世子
キャスティングディレクター:元川益暢
VFXスーパーバイザー:柳川瀬雅英、桑原雅志
編集:小池義幸
記録:長坂由起子
助監督:高土浩二
制作担当:大塚健二

キャスト
岡田准一(野崎)
黒木華(田原香奈)
小松菜奈(比嘉真琴)
青木崇高(津田大吾)
柴田理恵(逢坂セツ子)
太賀(高梨重明)
志田愛珠
蜷川みほ
伊集院光(スーパーの店長)
石田えり
松たか子(比嘉琴子)
妻夫木聡(田原秀樹)




よろしければ、クリックお願い致します♪



下妻物語【Blu-ray】
東宝
2010-05-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「来る」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201812070001/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/12/25 19:38
来る
澤村伊智による第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を「告白」「渇き。」の中島哲也監督が豪華キャストの共演で映画化した戦慄のホラー・エンタテインメント。謎の怪異に取り憑かれた一組の家族と、その正体を突き止めるべく調査に乗り出したオカルトライターが、民俗学者や霊媒師らの力を借りて想像を絶する最恐の敵に立ち向かっていくさまを鮮烈に描き出す。主演は「関ヶ原」「散り椿」の岡田准一、共演に黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡。あらすじ:子煩悩な田原秀樹は身の回りで起きている怪異な出来事に不安... ...続きを見る
映画に夢中
2018/12/26 16:12
来る
 日本  ホラー  監督:中島哲也  出演:岡田准一      黒木華      ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/12/26 16:45
『来る』 上のほうの人って誰?
 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などの中島哲也監督の最新作。  原作は澤村伊智の『ぼぎわんが、来る』。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2018/12/26 20:05
「来る」:で?   #来る #中島哲也 #妻夫木聡 #黒木華
映画『来る』は、中島哲也監督4年ぶりの新作(近年はずっと4年ごとの新作です。オリ ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/12/26 21:48
映画「来る」
映画「来る」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2018/12/26 23:10
『来る』109シネマズ木場7
▲白無垢っぽい松たか子の除霊姿。 カレー饂飩とかミートソース・スパゲッティとか食べちゃダメな衣装。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/12/27 08:28
「来る」:で?   #来る #中島哲也 #妻夫木聡 #黒木華
映画『来る』は、中島哲也監督4年ぶりの新作(近年はずっと4年ごとの新作です。オリ ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/12/27 13:54
ショートレビュー「来る・・・・・評価額1600円」
霊媒大戦争(笑 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/12/27 21:14
来る
オカルトライターの男・野崎のもとにやって来た相談者の男性・田原は、奇怪な現象に悩まされ妻子に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を開始するが、その「何か」の霊的攻撃はエスカレートし、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、大規模なお祓いが行われることに…。 ホラー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/12/27 21:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『来る』('18初鑑賞78・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる