『ボヘミアン・ラプソディ』('18初鑑賞74・劇場)



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
11月9日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:00の回を鑑賞。2D:字幕版。
11月16日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。


見どころ:
「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。

『X-MEN』シリーズなどのブライアン・シンガーが監督を務めた。
ドラマシリーズ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」などのラミ・マレック、『ジュラシック・パーク』シリーズなどのジョー・マッゼロらが出演。
フレディにふんしたラミが熱演を見せる。


あらすじ:
1970年のロンドン。
ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。

類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。

やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。

(シネマトゥデイ)






伝説のバンド Queen のリード・ボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化したものです。

私がQueenにはまったのは、1985年ごろ(バンド的には第2次黄金期)映画『ハイランダー』で多くの楽曲を提供していたのがきっかけ。独特なサウンドに魅了されました。(「イニュエンドウ」あたりが一番好き)


この映画では曲が発表された年代とか、出来事の時系列が かなり脚色されているようですが、フレディ以外のメンバーがホントにそっくり! フレディは雰囲気が似てます。(^^;;


日本とも縁の深いバンドなんですが、映画ではその辺はスルー。
(フレディの部屋に日本画や振袖が飾ってたり、玄関には金閣寺のお札が貼ってあったりします)


映画の冒頭、20世紀FOXのロゴで、おなじみのテーマが、ブライアン・メイ(?)のギターで演奏されてて
Queenサウンド炸裂。期待感が高まります。


フレディがインド系だったことは今回初めて知った。(^^;;
確かに、他のメンバーと比べて、背丈低めだな~と思ってましたが。


また彼がゲイで、エイズで亡くなったことは、当時、同時期にたくさんの有名人がやはりエイズで亡くなったことで、記憶に残っています。(バレエ・ダンサーのジョルジュ・ドンも同じ時期でしたっけ)


監督のブライアン・シンガーがゲイなので、(途中で降板したけど)時系列を変えたという見方もあります。
(ゲイやエイズに対する差別が酷くなった時期を避けた・・・らしい)


ラスト 20分のライブ・エイドの場面は、自然と涙が流れる鳥肌ものの場面でした。
Yutubeで、実際のライブ映像を観たけど、もう、お見事といってしまうぐらいの再現度です!!



今回の映画館では、いつもよりもボリューム大きめの爆音で上映(?)してくれてたようですが、
スピーカーの限界が・・・。
音響効果の良い映画館でみることが必須です♪





ボヘミアン・ラプソディ (2018)
2018年11月9日公開 135分

映画詳細データ
英題:BOHEMIAN RHAPSODY
製作国:イギリス/アメリカ
提供:リージェンシー・エンタープライゼス
製作:GKフィルムズ
配給:20世紀フォックス映画
カラー/シネスコ

スタッフ
監督:ブライアン・シンガー
脚本・原案:アンソニー・マクカーテン
原案:ピーター・モーガン
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、デニス・オサリヴァン。ジャスティン・ヘイザ
 デクスター・フレッチャー、ジェーン・ローゼンタール
撮影監督:ニュートン・トーマス・サイジェル
プロダクションデザイナー:アーロン・ヘイ
編集:ジョン・オットマン
共同製作:リチャード・ヒューイット
音楽スーパーバイザー:ベッキー・ベンサム
音楽総指揮:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
衣装デザイナー:ジュリアン・デイ

キャスト
ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)
ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)
グウィリム・リー(ブライアン・メイ)
ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)
ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーゴン)
エイダン・ギレン(ジョン・リード)
アレン・リーチ(ポール・プレンター)
トム・ホランダー(ジム・ビーチ)
マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)
アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)




よろしければ、クリックお願い致します♪




ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
Universal Music =music=
2018-10-19
クイーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「ボヘミアン・ラプソディ」

    Excerpt: 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201811090001/ 【先着特典】ボヘミアン・ラプソディ(オリジ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2018-11-22 20:00
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」:圧巻のラスト21分   #ボヘミアン・ラプソディ

    Excerpt: 映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、大ヒット中のクイーンの伝記映画であり、むしろ演 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-11-22 22:39
  • ボヘミアン・ラプソディ

    Excerpt: 1970年、イギリス・ロンドン。 昼は空港で働き、夜はライブ・ハウスに入り浸っていた青年フレディは、ギタリストのブライアンとドラマーのロジャーのバンドの新しいヴォーカリストとなり、ベーシストのジョンを.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-11-22 23:59
  • ボヘミアン・ラプソディ・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 魂の歌を聴け! 冒頭のロックな20世紀フォックス・ファンファーレからテンションMAX、今年一番のアガる映画だ。 20世紀の音楽シーンを代表する、数々の大ヒット曲で知られるイギリスのロックバンド.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2018-11-25 22:41
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」

    Excerpt: 映画館で本作が上映される中、幼い子供のように頬を伝う涙を手のひらと手の甲の両方使って拭っている人がいたら、それは私である。そんなに泣くほどのことはないだろう、と、もう一人の客観的な私がつぶやき、事実泣.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-11-26 14:35
  • 「ボヘミアン・ラプソディー」☆応援上映!!

    Excerpt: クイーンファンの★ちゃ★の長引いた風邪が治るのをずっと待っていた。 やっと実現した応援上映!彼女がサイリウムを準備してくれて準備万端☆ 18時50分からだけあって、クイーンと共に青春を過ごしてきた.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-11-28 22:36
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」

    Excerpt: 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2018-11-29 22:57
  • ボヘミアン・ラプソディ

    Excerpt: ボヘミアン・ラプソディ@ユナイテッドシネマ豊洲 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2018-11-30 07:18
  • ボヘミアン・ラプソディ

    Excerpt: 伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。バンド・メンバー、ブライアン・メイとロジャー・テ.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-12-26 16:18
  • 映画「ボヘミアンラプソディ」の感想

    Excerpt: 「ボヘミアンラプソディ」と言えば、なみくじさんが洋楽にハマって観に行ってましたね Weblog: fu iのトラックバック用ブログ racked: 2019-02-11 12:26
  • ボヘミアン・ラプソディ

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2019-04-24 14:49
  • ボヘミアン・ラプソディ (2018)

    Excerpt: 去年、巷を席巻して、多くの受賞となった話題作を、ネットでレンタル大画面で、思う存分、堪能できましたなるほど、みなさんの、ソックリさんぶりがハンパなく、オハナシも、ありあまる才能と繊細さがゆえの光と影。.. Weblog: のほほん便り racked: 2019-05-05 13:56