みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 西郷どん 第36話「慶喜の首」

<<   作成日時 : 2018/09/24 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0




大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第36回「慶喜の首」 あらすじ・・・・・・・


砲声がとどろき新政府軍と旧幕府軍との戦闘がついに始まる。「鳥羽伏見の戦い」である。

岩倉(笑福亭鶴瓶)が仕掛けた「錦の御旗」で新政府軍が一気に優勢となるが、信吾(錦戸亮)が銃弾に倒れる。

朝敵となることに恐れおののく慶喜(松田翔太)は、あろうことか味方の兵を置き去りにして、ひそかに大坂城を抜け出し江戸へ逃亡する。

吉之助(鈴木亮平)は慶喜追討の勅命を受け、東征軍の参謀として兵を江戸へ進める。


(オフィシャルサイトより)






毎年、この時期の大河ドラマは、前半でじっくり描きすぎた分、スピードを取り戻すため、展開が嘘みたいに早くなるんですが(『江』の時は、毎週出産してたもんなぁ・・・)今作は如何に?


・・・・で、わりとあっさりと描かれてしまいました、「鳥羽伏見の戦い」でした。
西郷どん主役だと、明治に入ってからが肝だと思うので、致し方なしか。


戦場で弟:信吾が負傷。  看病のお虎さん、やかましい。(^^;;


慶喜はこっそりと大坂を逃亡し、江戸へ。
そこで勝安房登場。エンケンさん、ええ芝居ですわ。


上野の寛永寺で自粛中の慶喜。 ここで山岡鉄太郎(山岡鉄舟)登場。
駿府の吉之助の元へ向かい、決死の行動。


たぶん、ここだけでも、一話分の内容の濃さだと思うが、わりとあっさりと。


吉之助は、あくまでも慶喜を討つつもり。だけど、鉄舟の気迫に押され、勝の言うとおり
ひとまず先に江戸入り。


そこで、「おなごやったら、ここにひとり おりますけどぉ?」 と幾島さん再登場。
そして、天璋院篤姫と 12年ぶりの再会。


次回は「江戸無血開城」  なにやら ハイペースで進んでおります。





よろしければ、クリックお願い致します♪




西郷どん 完全版 第弐集 Blu-ray
ポニーキャニオン
2018-10-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ『西郷どん』第三十六回
「慶喜の首」内容薩摩を中心とする新政府軍は、京の守りを固めていた。そこに、大坂から幕府軍が京へ進軍。慶応四年一月二日。両軍は、鳥羽、伏見において対峙する。しかし、幕府軍より数で劣る新政府軍の劣勢だった。一蔵(瑛太)より、報せを受けた岩倉(笑福亭鶴瓶)は、ある策の実行を命じる。それは。。。“錦の御旗”だった。“錦の御旗”を見た幕府軍は大坂へ撤退を始め、形勢は逆転。新政府軍が優勢となっていく。吉... ...続きを見る
レベル999のFC2部屋
2018/09/24 17:43
NHK大河ドラマ「西郷どん」第36回「慶喜の首」
いきなりだんごで戦の鬼と化してしまった西郷どん!他のブロガー様も仰ってますけど、いきなりすぎてワケワカメ〜。慶喜様が日本国を切り売りしようとしてるってお芳さんから聞いた噂話にのみスポットが当たっているからで、ここはむしろ長州薩摩を潰そうとしている慶喜様に対する反発心とかそっちにも目配りがあったらなああって、そんな風に思ってしまう今日この頃の秋の空〜。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2018/09/24 19:02
大河ドラマ「西郷どん」 #36 慶喜の首
鳥羽・伏見の戦い開戦。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/09/24 19:04
西郷どん 第36回「慶喜の首」
ついに世の中に名高い鳥羽伏見の戦いが始まりました。前回自分は八重の桜で会津藩からみた鳥羽伏見をみていることから、逆に立場で見たときに会津など幕府軍がどのように見えるか楽しみにしていました。 結果として会津軍が注目されることもなく、終始優勢に戦い進めながらも岩倉の画策による錦の御旗作戦によって、逃げるように陣地を放棄して行く姿をみて、なんとも空しくなってしまいました。薩摩側から見てしまうとこうなってしまうのはわかりますが、せめて幕府軍の思いも一緒に描くことによってこの戦いの意味をそこに持たせて欲し... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/09/24 21:10
第36
...続きを見る
半秦絆記
2018/09/30 19:21
『西郷どん』、面白くはある(第35〜36回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第35〜36回の感想です。まずはあらすじ。大政奉還の成功により、振り上げた拳のやり場をなくす西郷吉之助(鈴木亮平)。坂本龍馬(小栗旬)の無血改革路線とは一線を画す吉之助は、藩士に命じて江戸の商家の焼き討ちを ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/10/14 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西郷どん 第36話「慶喜の首」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる