みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プーと大人になった僕』('18初鑑賞63・劇場)

<<   作成日時 : 2018/09/19 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
9月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。 2D:日本語吹替え版。


見どころ:
世界的な人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した友情ドラマ。
妻と娘と共にロンドンで暮らす主人公が、幼いころの大親友であるプーさんと再会したことから始まる物語を描く。

『ムーラン・ルージュ』や『スター・ウォーズ』シリーズなどのユアン・マクレガーが主人公を演じ、ドラマ「エージェント・カーター」シリーズなどのペギー・カーター役で知られるヘイリー・アトウェルらが共演。
『ネバーランド』『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースターが監督を務める。


あらすじ:
成長してロンドンで多忙な生活を送るクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻子と故郷で過ごすはずだった週末まで仕事でつぶれてしまう。

そんなとき、少年時代の親友プーが彼の前に現れ、一緒に森の仲間たちを捜してほしいとロビンに頼む。
思い出の“100エーカーの森”を訪ねたロビンは、プーやティガーらとの再会を喜ぶ。

(シネマトゥデイ)





時間の都合で、めったに観ない日本語吹き替え版での鑑賞。

ディズニー作品の実写化シリーズ。 
(ちなみに、この後は『ダンボ』『くるみ割り人形』『アラジン』『ムーラン』『マレフィセント2』が制作公開予定)


ユアン・マクレガーの声が堺雅人になって、違和感感じながらも、映画は素晴らしい内容でした。



実を言うと、『くまのプーさん』自体、まともに観たことがないので、プーさんたちが、実はぬいぐるみであることを初めて知りました。


時代背景は、第二次大戦後のロンドン。

主人公『クリストファー・ロビン』も戦争を経験し、今では、大企業の一部門(旅行かばん)の部長となり
上司から休日仕事をやんわりと強制され、社畜となって働く日々です。


そんな中、プーが現れ・・・・・・



霧がかってセピアがかったロンドンの風景や100エーカーの森、生き生きと動くプーたち。




クライマックスのドタバタは、『パディントン』を連想させる(舞台も同じだし)部分もあり、ラストの持って生き方は少々安易な感じはしましたが、日頃の荒んだ心が洗われるような、エンディングを迎えたときは寂しさも感じた(もっと観ていたいと思わせる)素敵な作品でした。


大人になった皆さま、ぜひ劇場でご覧ください。





プーと大人になった僕 (2018)
2018年9月14日公開 110分

映画詳細データ
英題:CHRISTOPHER ROBIN
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

スタッフ
監督:マーク・フォースター
脚本:アレックス・ロス・ペリー、トム・マッカーシー、アリソン・シュローダー
ストーリー:グレッグ・ブルッカー、マーク・スティーヴン・ジョンソン
キャラクター原案:A・A・ミルン、E・H・シェパード
製作:ブリガム・テイラー、クリスティン・バー
製作総指揮:レネ・ウルフ、ジェレミー・ジョーンズ
撮影:マティアス・クーニスヴァイゼル
プロダクションデザイン:ジェニファー・ウィリアムズ
編集:マット・チェシー
衣裳:ジェニー・ビーヴァン
音楽:ジョフ・ザネリ、ジョン・ブライオン
カラー/シネスコ

キャスト
ユアン・マクレガー(クリストファー・ロビン)
ヘイリー・アトウェル(イヴリン)
(声の出演)
ジム・カミングス(プー)
ブラッド・ギャレッド(イーヨー)
(日本語吹き替え)
堺雅人(クリストファー・ロビン)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「プーと大人になった僕」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809150000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/09/20 17:24
プーと大人になった僕
イギリス・ロンドン。 大人になったクリストファー・ロビンは会社で管理職となり、妻イヴリンや娘マデリンと休日を過ごす時間もないほど多忙な毎日を送っていた。 仕事にも家族との関係にも悩むロビンが公園のベンチで頭を抱えていると、自分を呼ぶ聞き覚えのある声がする。 振り向くとそこには、かつての親友くまのプーがいた…。 ファンタジック・コメディ。 ≪それは風船より大切?≫ ...続きを見る
象のロケット
2018/09/20 21:55
「プーと大人になった僕」:風船を持ってると幸せ(なるほど)
映画『プーと大人になった僕』の原題は、“Christopher Robin”。あ ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/09/20 22:37
映画『プーと大人になった僕』★マイペースのプーさん、ムギュっと!with赤い風船
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175446/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ...続きを見る
yutake☆イヴの《映画★一期一会》
2018/09/21 15:32
プーと大人になった僕・・・・・評価額1750円
子ども時代が、訪ねてくる。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/09/21 18:47
プーと大人になった僕
くまのプーさんが実写化されて本当にうれしい。この出会いの前のクリストファーは上司の言うままに動くロボットみたいだけど、子供の頃のぬいぐるみたちが大切なことを思い出させてくれた。おすすめです。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/09/25 22:06
「プーと大人になった僕」
1年の内1回ないし2回は、これが私のベスト!というわけではないのだけれど、ああ本当に良い作品だったなあ、と思える作品に出会う。本作も正にそんな作品で、本当にとても良い作品だった。もうタイトルからして内容は推測されるのだけれど…つまり、大人になって日々の暮らしを重ねるクリストファー・ロビンが、くまのプーと再会することによって忘れてしまった大切なものを思い出す話。もう絶対にそれ以外の話ではない。だから私も、きっとそういう話なのだから、大人になって忘れてしまった大切な何かを思い出し取り戻すクリストファ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/10/02 12:47
プーと大人になった僕
A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を、初めて実写映画化。大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたことをきっかけに、忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くファンタジードラマ。「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られるユアン・マクレガーが大人になったクリストファー・ロビンを演じ、「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督がメガホンをとった。あらすじ:かつて「1... ...続きを見る
映画に夢中
2018/10/12 19:48
「プーと大人になった僕」
誠実で真面目なのだけど、面白くはない。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/10/16 07:41
「プーと大人になった僕」☆開始3秒で涙
いやーヤバイ。 始まって3秒で涙。そして最後までずっとうるうる…まさかこんなに泣かされるなんて〜〜 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/10/27 23:38
『旅猫レポート』『音量を上げろタコ!〜』『デス・ウィッシュ』『プーと大人になった僕』『バタリアン』
摘まんで5本まとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/11/18 02:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『プーと大人になった僕』('18初鑑賞63・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる