『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』('18初鑑賞50・劇場)



☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
6月29日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。 2D:字幕版。


見どころ:
『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公に据えたスピンオフ。
宇宙を駆ける密輸業者からヒーローになった彼の若き日の戦いと冒険を描く。

監督は『ビューティフル・マインド』『フロスト×ニクソン』などのロン・ハワード。
『ヘイル、シーザー!』などのオールデン・エアエンライクがソロにふんし、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのエミリア・クラーク、ドラマシリーズ「アトランタ」などのドナルド・グローヴァーらが共演する。


あらすじ:
帝国軍が支配する時代。
惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。

やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)という相棒を得る。
彼らは、幼なじみの美女キーラ(エミリア・クラーク)らと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。

(シネマトゥデイ)






スピンオフ第2弾。
アメリカでの興行収入があんまり良くない情報を知ってたので、あまり期待せずに鑑賞。


可もなく不可もなし、といった感じですねぇ。
まず、全体的に映像が暗すぎ、明るいところでも逆光で、俳優の表情が分かりにくい。

お話としては、それほど胸躍るような展開でもないし。。。


いわゆる「列車強盗」の場面は好きです。 西部劇を作ろうとしたんですね。


音楽の使い方でワクワク。
『帝国の逆襲』のアステロイド・チェイスの場面の曲を使っていたので嬉しかったです。
シリーズ中、かなり好きな場面なので。




映画シリーズしか知らないので、小説とか読んでる方には理解できるのかも知れませんが、ハン・ソロって、歳いくつ?


私は映画シリーズしか知らんので、小説とか含めたサーガは解らんのですが、詳しい方がいれば教えてほしいのですが・・・

ダース・モールが登場するので、時間軸で言えば、EP-1の前のお話になるんですよね?
ということは、ハン・ソロはアナキン(ダース・ベイダー)よりも、かなり年上になりますよね?
地球人ってわけじゃないから、寿命がすごく長い種族なのかな?
この作品時点では、チューイは190歳って言ってるし。



そして、調べました。

”アニメシリーズを見たことがある人はご存じの通り、『EP1 ファントム・メナス』で真っ二つになったダース・モールは『クローンウォーズ』で復活し、その後『反乱者たち』で再び死亡します。しかも、『反乱者たち』で敗れた相手もオビ=ワンです。”
”『ハン・ソロ』の時系列を推測すると、映画開始時点でEP4の10年前、その後3年の時間が経過するようなので、映画終了時はEP4の7年前(7 BBY)ということになります。ちなみにモールがオビ=ワンに斬られて亡くなるのは2 BBYです。

19 BBY(?) – シャドウ・コレクティブを結成
7 BBY – 犯罪王として闇社会で暗躍
2 BBY – オビ=ワンと再戦を果たす”


・・・・と、いうことらしいです。


キーラはけっこうお気に入りのキャラです♪







ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー (2018)
2018年6月29日公開

映画詳細データ
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:135分
カラー/シネスコ

スタッフ
監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ、アリソン・シェアマー、サイモン・エマニュエル

キャスト
オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)
ウディ・ハレルソン(ベケット)
エミリア・クラーク(キーラ)
ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)
ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)




よろしければ、クリックお願い致します♪





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック