『ゲティ家の身代金』('18初鑑賞42・劇場)



☆☆☆★- (10段階評価で 7)
5月25日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。


見どころ:
1973年に起きた大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を、リドリー・スコット監督が映画化したクライムサスペンス。
巨額の身代金を要求されたゲティが支払いを拒否したことで知られる事件のてん末を描く。

ミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグらが出演し、完成間近にスキャンダルで降板したケヴィン・スペイシーに代わってオスカー俳優クリストファー・プラマーがゲティを演じる。

あらすじ:
1973年、大富豪ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は孫のポール(チャーリー・プラマー)を誘拐され1,700万ドルという高額の身代金を要求されるが、守銭奴でもあったゲティは支払いを拒否する。

離婚して一族から離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯、ゲティの双方と闘う。

一方、犯人は身代金が支払われる気配がないことに苛立ち……。

(シネマトゥデイ)






実話を元にフィクション取り混ぜ再構築したものです。


クリストファー・プラマーが貫禄たっぷりに演じるゲティ爺さんの守銭奴っぷりが物凄くて、身代金を拒否しつつ、高価な絵画を買ったり、カリフォルニアにローマ皇帝が住みそうな別荘を建てようとしたりします。

誘拐犯 vs. 家族ではなくて、母親 vs.祖父。

この役、もともとは、ケヴィン・スペイシーが演じてたんですが、性的暴行事件を起こして、クリストファー・プラマーが代役で出演。たった九日間の撮影だったらしいですが、その存在感は主役級。


まさに、「蔵の財より身の財、身の財より心の財 第一なり」の言葉を思い出す作品でした。


この当時のローマの風景も見どころ。



また、マフィアと一般市民(警察も)の関係性も注目。
なんだかんだで、けっこうズブズブなんですねぇ。

街の普通のおばちゃんが、ブランドものの、バッタもんを普通に作ってたり、街のおまわりさんがマフィアとつながってたりするのが当たり前になっています。


いつまでたっても身代金を払わないことに腹を立て、ポールの耳を切るところは、痛々しくて見てられない。


母親が必死になって、息子を救おうとする姿そして周りの男どもが、あんまり貢献してないことにも注目。


実に重厚なドラマでありました。







ゲティ家の身代金 (2017)、 2018年5月25日公開 133分

映画詳細データ
英題:ALL THE MONEY IN THE WORLD
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・製作:リドリー・スコット
製作:ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス、クエンティン・カーティス、クリス・クラーク
マーク・ハファム、ケヴィン・J・ウォルシュ
脚本:デヴィッド・スカルパ
撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集:クレア・シンプソン
プロダクションデザイン:アーサー・マックス
衣装:ジャンティ・イェーツ
原作:ジョン・ピアソン

キャスト
ミシェル・ウィリアムズ(アビゲイル・ハリス)
クリストファー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ)
マーク・ウォールバーグ(フレッチャー・チェイス)
ロマン・デュリス(チンクアンタ)
ティモシー・ハットン(オズワルド・ヒンジ)
チャーリー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ三世)



ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)
ハーパーコリンズ・ ジャパン
ジョン ピアースン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2018年06月02日 13:48
個人的には、ゲティセンターの秘密がわかった点で大当たりでした!
2018年06月12日 14:27
onscreenさん>
コメントありがとうございます♪
返信遅くなりすみません。
ゲティじいさんの守銭奴っぷりは物凄いですねぇ。
ケヴィン・スペイシーのバージョンも観てみたいです。

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「ゲティ家の身代金」

    Excerpt: 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201805250000/ ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS) .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2018-05-30 13:08
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt: 1973年に実際に起きた誘拐事件をもとに、リドリー・スコットが監督して製作されたサスペンス映画だ。これは恐ろしい実録物です。なんといっても誘拐した犯人の中にカンブリア州のマフィア組織ンドランゲタのボス.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2018-05-30 14:30
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt: ゲティ家の身代金@神楽座 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2018-05-30 14:39
  • 『ゲティ家の身代金』 じいさんたち頑張る

    Excerpt:  『エイリアン:コヴェナント』『悪の法則』などのリドリー・スコット監督の最新作。  巷で話題になっていたのは、この作品の出演者だったケビン・スペイシーがセクハラ騒動で大問題となって出演シーンが使用で.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2018-05-31 00:15
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt:  アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:ミシ Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2018-05-31 12:50
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt: 1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペ.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-05-31 20:51
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt: 1973年、アメリカの石油王で世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫息子ポールがローマで誘拐され、身代金1700万ドル(約50億円)が要求された。 ところが、ゲティは支払いを拒否。 離婚によりゲティ.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-06-02 15:59
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt:  アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:ミシ Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2018-06-04 09:51
  • 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点

    Excerpt: 映画『ゲティ家の身代金』は、リドリー・スコットらしい重厚な娯楽作。これぞ正攻法と Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-06-15 23:54
  • 「ゲティ家の身代金」

    Excerpt: 本当にあったお話。石油開発で巨万の富を築き上げたゲティ家の当主ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は、老いて尚現役で事業を展開し、屈指の石油王となっている。そのゲティ氏の孫息子がローマで.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-06-20 11:20
  • ゲティ家の身代金

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2018-10-10 18:22