西郷どん 第19話「愛加那」



大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第19回「愛加那」 あらすじ・・・・・・・


とぅま(二階堂ふみ)は、ユタ(秋山菜津子)から告げられた「海の向こうから来る夫」が、菊池源吾と名乗る薩摩からの流人(鈴木亮平)だと分かり、心を揺さぶられていた。

そんなとき、砂糖隠しの嫌疑で、龍佐民(柄本明)が代官所に捕縛される。
とぅまは激怒し島人たちと代官所に押しかけるが、そこに吉之助が現れる。

とぅまは「薩摩の人間は信じない!」と言い放つが、吉之助は予期せぬ行動に出る。


(オフィシャルサイトより)







個人的には、前回からの「奄美編」が ものすごく好きでして。(*^-^*)

今回も、奄美の大自然のなかでのロケ映像が素晴らしく、音楽も、このパートのサントラCDは買おうかと。


心を開き、島の住民たちと唐黍の収穫に励む吉之助=菊池源吾さん。
薩摩のお代官さま、なにやら悪だくみ。

黒糖を盗んだと因縁つけて、隣村の住民を代官所へ引っ立てていきます。
そして今度は、龍佐民に無実の罪を押し付ける。

怒った とぅまさん、代官所へ殴り込み。
吉之助は必死に抑えますが・・・


いつの時代でも、権力傘にきた小物はいるもので、そんな奴に、ハッキリと物申す吉之助はさすが。
吉之助のその姿を観ていたとぅま、完全に惚れました。


浜辺でユタとの場面。 あのヤマトンチュはいつかは、ここを去って行く。 でも・・・


夜、吉之助の元へ、わたしを「アンゴ」(現地妻、一夜妻)にして! と嘆願。
そして、脱いだ~!! 大河でこういう場面、めったに観れん。

着物をやさしく着させる吉之助。 「アンゴになどできん。 おいの妻になってくいやんせ」

良い場面じゃないですかぁ♪


披露宴があって、初夜。 そこで、嫁に行く娘には新しい名前をつける・・・ 〇〇加那 という名前。
吉之助に名前を付けてほしい。 

それなら・・・・ 「愛」はどうじゃ。 それで 愛加那。 なるほど、そういうことだったんですねぇ。

そして、夫:菊池源吾の本当の名前を教えてほしい・・・・



史実がどうだったかは全く知りませんが、ものすごく 素敵な回であったと思います。
かなり好きな回です。(^-^)


次回は薩摩の大久保どんが主役っぽいですね。「桜田門外の変」がどう描かれるか?




よろしければ、クリックお願い致します♪





NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
avex CLASSICS
2018-02-21
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「西郷どん」第19回「愛加那」

    Excerpt: 安政の大獄&斉興様復権で奈落の底に落とされた吉之助どん。愛する殿も仲間も亡くして、奄美の島で流人生活。荒れに荒れた心根が、大病をきっかけに少し立ち直って、加那も年ごろ島育ちのとぅまちゃんと仲直りで良い.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2018-05-20 23:30
  • 【西郷どん】第19回 「愛加那」 感想

    Excerpt: 薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を…とぅまは「薩摩の人間は信じない!」と言い放つ… Weblog: ドラマ@見とり八段 racked: 2018-05-21 04:27
  • 選ぶ

    Excerpt: 西郷どん第19話 Weblog: 半秦絆記 racked: 2018-05-21 04:31
  • 大河ドラマ『西郷どん』第十九回

    Excerpt: 『愛加那』内容龍佐民(柄本明)から、とぅま(二階堂ふみ)により、命を救われたと知る吉之助(鈴木亮平)それからというもの、吉之助は、島の人たちに心を開きはじめる。そして少しでもと、島の人たちのために働き.. Weblog: レベル999のFC2部屋 racked: 2018-05-21 07:32
  • 大河ドラマ「西郷どん」 #19 愛加那

    Excerpt: 少しずつ島の暮らしに慣れてきている吉之助。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2018-05-21 09:12