『リメンバー・ミー』('18初鑑賞25・劇場)




☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+)
3月16日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:40の回を鑑賞。 2D:吹替え版。


見どころ:
1年に1度だけ他界した家族と再会できるとされる祝祭をテーマにした、ディズニー/ピクサーによる長編アニメ。
死者の国に足を踏み入れた少年が、笑いと感動の冒険を繰り広げる。

監督と製作には、『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督と、製作を担当したダーラ・K・アンダーソンが再び集結。
テーマパークのような死者の国の描写、祖先や家族を尊ぶ物語に引き込まれる。

あらすじ:
過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。
ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。

伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。
元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。

(シネマトゥデイ)








原題は『Coco』主人公ミゲルの ひいおばあちゃんの名前です。
この ママ・ココ(ひいおばあちゃん)が本当の主人公かも。


椅子に座ったまんまのひいおばあちゃんがふと、「パパ 帰ってきたの?」と言う場面が重要。


メキシコの音楽とお盆とも言える「死者の日」にまつわるお話。

11月下旬のハロウィンにあたり、映画の公開もアメリカやメキシコではこの時期だったため
おまけ上映の『アナ雪』短編はクリスマスのお話になっており、春のお彼岸の時期に公開の日本では、ちょっと季節外れな内容になってしまいました。(^^;;


アナ雪短編・・・といっても、15分以上あったような・・・・は置いといて、



楽曲の素晴らしさ・・・日本語吹き替えでしたが、歌唱力は皆すごく高い。
でもオリジナルの英語・スペイン語でも聴きたかったので、帰りにサントラCDを購入。
やはり、オリジナルの方がしっくりくる。


そしてストーリーに感動・・・家族の絆、テンプレート通りの展開ではありますが、そのシンプルさ故に、ストレートに心に響きます。特に後半、ずーっと泣きっぱなしでした。大人のほうが泣ける。


また、ある人物の死に方にも重要な意味がある。
忘恩・裏切り、人として最低の生き方をすると、死に様も当然のごとく、悲惨なものです。
(2度目もまた然り)


映画全編をマリーゴールドの暖かい色彩が支配。
死者の国がぜんぜん湿っぽくも暗くもないのが、メキシコの死生観なのか。


この春休み、家族でみるには最適な作品です。 ぜひ劇場へ。(*^-^*)







(C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved. (C) 2018 Disney. All Rights Reserved.
英題:COCO
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年3月16日
上映時間:1時間45分
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
カラー/シネマスコープ/5.1ch / 7.1ch

スタッフ
監督・原案: リー・アンクリッチ
共同監督・原案・脚本・歌曲: エイドリアン・モリーナ
製作: ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮: ジョン・ラセター
原案・脚本: マシュー・オルドリッチ
原案: ジェイソン・カッツ
歌曲: クリステン・アンダーソン=ロペス / ロバート・ロペス / ジャーメイン・フランコ
音楽: マイケル・ジアッキノ

キャスト(声の出演)
ミゲル: アンソニー・ゴンサレス
ヘクター: ガエル・ガルシア・ベルナル
エルネスト・デラクルス: ベンジャミン・ブラット
イメルダ: アラナ・ユーバック
エレナ: レニー・ヴィクター
パパ: ハイメ・カミーユ
ココ: アナ・オフェリア・ムルギア
フリーダ・カーロ: ナタリア・コルドバ=バックリー
ママ: ソフィア・エスピノーサ

(日本語吹き替え)
ミゲル: 石橋陽彩
へクター: 藤木直人
イメルダ: 松雪泰子
ママ・ココ: 大方斐紗子
男性マリアッチ(ミュージシャン): 大抜卓人
「死者の国」の旅行者(男性): カイミ
ロス・チャチャラコス(女性): シシド・カフカ
死者の国の住人:コーンを持った男: 鈴木拡樹
女性マリアッチ(ミュージシャン): 高柳明音
パパ・フリオ: 多田野曜平
フアン・ハノキョーセー: 立木文彦
事務官: チョー
お母さん: 恒松あゆみ
「死者の国」の旅行者(女性): 寺田ちひろ
ロス・チャチャラコス(男性): 茂木欣一
修道女: 安野希世乃
フリーダ・カーロ: 渡辺直美





よろしければ、クリックお願い致します♪




リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック
WALT DISNEY RECORDS
2018-03-14
V.A.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 試写会「リメンバー・ミー」

    Excerpt: 「リメンバー・ミー」の試写会に行ってきました。試写会のため、「アナと雪の女王家族の思い出」の上映は無し。「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」のディズニー/ピクサ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2018-03-19 19:48
  • リメンバー・ミー

    Excerpt: 「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-03-19 21:24
  • リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 .. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2018-03-19 22:24
  • リメンバー・ミー

    Excerpt: ディズニーとピクサー製作で送る、メキシコの死者の日をモチーフにしたアニメ映画だ。アカデミー賞長編アニメ部門を受賞しただけの内容だった。死者の日というのは日本でいうお盆と同じで、亡くなった方が自宅に帰っ.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2018-03-20 22:44
  • リメンバー・ミー

    Excerpt: メキシコで代々靴屋を営む家に生まれた少年ミゲルは、ギターが大好き。 でも、厳格な《家族の掟》のせいで、ギターを弾いたり音楽を聴くことは固く禁じられていた。 年に一度、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-03-21 17:47
  • 「リメンバー・ミー」

    Excerpt: お盆は、ちゃんとやらなきゃいけませんね。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-03-21 21:31
  • 「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい

    Excerpt: 映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメー Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-03-24 22:52
  • リメンバー・ミー

    Excerpt: 【概略】 天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デ.. Weblog: いやいやえん racked: 2018-03-25 14:03
  • 「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい

    Excerpt: 映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメー Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-04-01 00:08
  • 85『リメンバー・ミー』

    Excerpt: 今作は簡単にまとめてます。 だからといって、おもしろく無いわけじゃないよ!!! ピクサー・アニメーション最新作は、やはり外れないどころか... 『リメンバー・ミー』 ~あらすじ.. Weblog: シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ racked: 2018-04-11 00:14
  • 映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想

    Excerpt: 毒家族に人生をつぶされかけた少年が救われる話。 もっとも本当の毒親はこんな風に簡単に改心はしない。 そこはディズニー、「家族は素晴らしい」で終わる。 音楽家を目指すミゲル少年を全.. Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ racked: 2018-04-12 14:00
  • 「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい

    Excerpt: 映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメー Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-04-12 22:43
  • 映画評「リメンバー・ミー」(2017年)

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-01-27 07:47