おんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第二十四回「さよならだけが人生か?」 あらすじ・・・・・・・


直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。

一方駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。

直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凜)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。
一方、岡崎では緊張の面持ちの徳川家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)と面会していた。

(オフィシャルサイトより)




龍雲丸の一件、とりあえず終了で、続きましてはやっとこさ大河らしい展開になるのかな?
今川から縁談という名の人質の催促がありました。

相手方がどのような人柄なのか、直虎自ら駿府へと出かけます。
そこで、駿府中で、井伊直虎のことが話題になっていると聞き、複雑な心境の直虎、
そして、その後ろ姿を眺めつつ、直虎がおとわではなくなったことに、寂しさを感じる和尚さん。


岡崎では、やっと登場、織田海老蔵信長。 ・・・ちょっと芝居がかりすぎのような気もしますが。

そして、家康の嫡男:竹千代(信康)と信長の娘(徳姫)の婚儀が執り行われ、
瀬名さん(築山殿)の出番も増えてくるのかな?
この婚儀、最終的にどえらい悲劇になるわけですが、今作でどう描くか興味津々。





よろしければ、クリックお願い致します♪




おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2017-08-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック