おんな城主 直虎 第21回「ぬしの名は」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第二十一回「ぬしの名は」 あらすじ・・・・・・・


井伊領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖に面した港町・気賀(きが)を選んだ直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。

気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の珍品に目を見張るが、その隙に銭入れを盗まれてしまう。

その犯人を町外れまで追いつめる直虎だったが、逆に捕らわれの身となってしまう。
地下ろうに閉じ込められた直虎のもとに現れたのは盗賊団の頭(柳楽優弥)とその一味だった。

直虎が行方不明になったことで騒然となる井伊谷に、気賀の盗賊団から身代金を要求する書状が届く。

(オフィシャルサイトより)




この脚本家、ほんとにサブタイトルで遊んでますねぇ。(^^;;


前回登場した自称:直親の娘 高瀬 は、すっかり井伊家に馴染んでいるようでなにより。

今回の新しいキャラは商人:中村与太夫を演じる本田博太郎。
確か『花燃ゆ』にも登場してたね。


で、直虎さん、財布をすられて、盗賊団に捕まりました。
盗賊団の頭(かしら)が、柳楽優弥。 ・・・・ってことで、「ぬしの名は」なんですね。


メインは、武家も民から盗んでいる、だから俺らは、武家から盗んでいるそれのどこが悪い・・・という部分。
直虎さん、深く思案。 人は追い詰められると、盗みを働く、わしもおぬしも卑しい生き物じゃと。


で、材木を切る役目を彼らに委託することを提案。
頭も承諾。・・・・で、頭の名前は? 「龍雲丸」 空には龍の形をした雲。


ベタですが、こういうのは嫌いじゃないです。(^-^)




よろしければ、クリックお願い致します♪






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック