おんな城主 直虎 第20回「第三の女」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第二十回「第三の女」 あらすじ・・・・・・・


亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗って井伊谷にやってきた少女・高瀬(髙橋ひかる)。

元許婚である直親の隠し子発覚にショックを隠しきれない直虎(柴咲コウ)だが、井伊家の当主として、その真偽がわかるまで高瀬を屋敷で預かることを決める。

噂を聞きつけた直親の元妻・しの(貫地谷しほり)は高瀬のもとに乗り込むが、その対応は意外なものだった。

一方政次(高橋一生)は、今川と武田の同盟関係に亀裂が入ったことから、高瀬は武田が井伊に送り込んだスパイなのではないかと疑う。


(オフィシャルサイトより)




コメディーおんな城主直虎のお時間です。

「第三の男」じゃなくて「第三の女」 直親の娘と名乗る少女が現れました。


少女の鼻歌が、亀の奏でる笛のメロディーと一緒だっただけで、直親の娘と認定。
ちょっと安易な気がしますが。

でも、政次が言うように、武田からの間者(スパイ)説も含みを持たせた演出です。
さてこの娘の正体は?


直虎としの。 今は亡き許嫁・夫(直親) に対する罵り合いで意気投合。


今回も楽しませて頂きました。 でも、展開がかなりゆっくりですねぇ。
やっと 「織田」の名前が出てきました。


でも一番面白かったのは、次回のサブタイトル 「ぬしの名は」って、おいおい。(^^;;




よろしければ、クリックお願い致します♪
 



第三の男 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第三の男 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック