おんな城主 直虎 第17回「消された種子島」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSを録画で鑑賞。 第十七回「消された種子島」 あらすじ・・・・・・・


中野直之(矢本悠馬)は「種子島」を取り寄せ、直虎(柴咲コウ)の前で実演してみせる。
その威力に驚いた直虎はこの「種子島」を鍛冶の村・井平(いだいら)で生産しようと考える。

その頃、龍潭寺で手習いを始めていた虎松(寺田心)は家臣の息子たちと五目並べに興じていた。
周りの子供たちが気を遣って手加減しているのを知った直虎は激怒する。
周りが手加減をしなくなり、負け続けの虎松はショックで寺に来なくなってしまう。
そのことに往生した直虎は、再会したなぞの男(柳楽優弥)から「一度、勝たせてやれば勝つ楽しさを覚える」というアイデアをもらう。虎松を鍛える直虎、そして再びなつ(山口紗弥加)の息子・亥之助(荒井雄斗)と五目並べで相まみえる日を迎える。

勝負をあきらめない虎松の姿を見たしの(貫地谷しほり)は、直親(三浦春馬)の後を継げるよう鍛えて欲しいと昊天(小松和重)に頭を下げる。

その矢先、直虎のもとに「種子島」が盗まれたとの報らせが入る。盗んだのは政次(高橋一生)だった。

(オフィシャルサイトより)




今回は「消されたライセンス」・・・・・じゃなくて消された種子島。(^^;
脚本家は映画好きというのはよく解りました。


さて、種子島(火縄銃)を生産しようと考える直虎さん。 ・・・・いつも行き当たりばったりな思考で本当に城主としてその責を全うできているのか、心配になりますね。


でもメインは虎松。
おっとりとしたお坊ちゃん育ちの虎松を如何に将来の井伊家当主としての自覚を持たせるか、直虎さん悩みます。


息子:虎松を直虎に獲られるのではと危惧するしのさん。
でも心配はいりませんよと、むしろ、母ではなく父としてふるまっていると・・・・


で、最後の最後に種子島が消えて、あっさりと政次が持ってきて・・・次回に続く。(^^;;


・・・柳楽優弥はいったいなんなんでしょう?





よろしければ、クリックお願い致します♪




おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2017-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック