おんな城主 直虎 第5回「亀之丞帰る」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第五回「亀之丞帰る」 あらすじ・・・・・・・


天文23年(1554)春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の帰りを待つ日々を過ごしていた。

駿府では今川義元(春風亭昇太)が武田・北条との縁戚関係を背景にいっそう権勢をふるい、いよいよ三河平定へと乗り出そうとしていた。
この今川家の威光を笠に井伊家中での実力をさらに強めた小野政直(吹越満)は、嫡男・政次(高橋一生)と奥山朝利(でんでん)の娘を夫婦にし、その子を井伊家の後継者にしようと画策する。
しかし小野家を毛嫌いする直平(前田吟)ら家臣たちはこれに猛反対する。
そんな中、突然政直が病に倒れる。

(オフィシャルサイトより)




今回から、柴咲コウの出番です。


最初の笑顔のアップ、『真田丸』のときの長澤まさみ みたく、目じりの小じわがやたら目立ってます。
芸能人はストレスも多いでしょうから、メイクでもごまかすことのできない部分なんですかねぇ。


喋り方・雰囲気は子供時代のおとわちゃんを研究したみたいで、違和感はなし。
成人したときの配役をもとに子役もキャスティングしてるでしょうから、良い仕事してると思います。


さて、瀬名役の奈々緒、役者本人のキャラそのまんまな役柄。
後の徳川家康(阿部サダヲ)も登場。このあたりはコメディー路線でいくのかね?


今回で小野政直(吹越満)退場。
最後まで実の息子にも本心を見せない、最後は悪役ぶっているような、吹越満さんらしい役でした。


亀之丞が生きて井伊谷に戻ってきました。
次郎法師(おとわ)との関係はどうなるのか、ちょっと少女マンガっぽい展開ですが、次回も楽しみにしたいと思います。(*^-^*)





よろしければ、クリックお願い致します♪




NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ
SMJ
2017-01-11
菅野 よう子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック