『沈黙 -サイレンス-』('17初鑑賞06・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。


チェック:
遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。
17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野忠信ら日米のキャストが共演。
信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。

ストーリー:
江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。

長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。
その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。

(シネマトゥデイ)








2時間42分、とにかく「重い」映画です。
なので、体調が良くない時には、観るのはやめたほうがよろしいかと。


さて、自分は仏教徒で、キリスト教に対して良いも悪いも特別な感情はないのですが、信者(信仰者)が権力者に迫害にあったことは、まぎれもない事実であり、また、仏教者もそういう迫害にあった歴史があります。


そのなかで、いかに、社会の底辺にあった民衆がもがき苦しみながらも信仰を続けたか。
そして、その指導者たる宣教師(パードレ)が、どう感じ、なにを経験したか。


原作は未見ですが、彼らの葛藤が克明に描き出されていました。


日本人キャストの演技がミソ。 みんな素晴らしい。

長崎奉行:井上筑後守を演じたイッセー尾形さん、権力者たる、薄ら笑いを浮かべて、甘言を言ったり(いかに良い人を演じる)、その存在感、お見事な芝居です。


塚本晋也さん、の身体をはった拷問の場面や、
キチジロー役の窪塚洋介、人の弱さを体現した役柄はほぼ主役級。


歴史の教科書でもよく見た、「踏み絵」の場面が多く登場します。
クライマックス 主人公:ロドリゴが、「神の教え」をとるのか、目の前の人を助けるのか選択を迫られる。

自分だったら、迷わず踏むんだけども、彼らの苦悩・葛藤が痛々しく描写。


全編にわたって、 劇判音楽はかすかに流れる程度。 エンドロールも環境音だけの静かな作品。




この当時のは、「生きてるうちにしっかり信仰すると、死んだら、パライソ(パラダイス:天国)に行ける」 という教え方だったんですね。 これって、念仏の思想に近いなーと思ってしまった。

死んでから天国行けたって、意味ないやろと思ってしまった私でした。



それはそれとして、映画としては、やはり、棄教したはずのフェレイラが思わず口にした「主の・・・」セリフ、そして、ラストのロドリゴの手にしっかり握られていたもの、それらが、本作の主題ではないかと思うわけです。


権力には屈しない。



リーアム・ニーソンがクワイ・ガン・ジンっぽかったり、長崎の田舎の農民がやたら英語が上手かったりなど、つっこみどころも多少ありますが、外国映画で描かれた「日本」としては合格だと思いました。


是非、体調の良い時に(しっかり睡眠とったあと)、観るべき映画です。(^-^)







(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
英題:SILENCE
製作年:2017年
日本公開:2017年1月21日
上映時間:2時間42分
配給:KADOKAWA
製作会社:Cappa Defina Productions / Fabrica de Cine / Sikelia Productions / Verdi Productions / Waypoint Entertainment
カラー/シネスコ

スタッフ
原作: 遠藤周作
監督: マーティン・スコセッシ
脚本: ジェイ・コックス
撮影: ロドリゴ・プリエト
美術: ダンテ・フェレッティ
編集: セルマ・スクーンメイカー

キャスト
ロドリゴ: アンドリュー・ガーフィールド
フェレイラ: リーアム・ニーソン
ガルペ: アダム・ドライヴァー
キチジロー: 窪塚洋介
通辞: 浅野忠信
井上筑後守: イッセー尾形
モキチ: 塚本晋也
ハル: 小松菜奈
チョウキチ: 加瀬亮
イチゾウ: 笈田ヨシ




よろしければ、クリックお願い致します♪




沈黙 (新潮文庫)
新潮社
遠藤 周作

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沈黙 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 沈黙-サイレンス-

    Excerpt: 公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-01-26 21:30
  • 沈黙 -サイレンス-・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 神はどこにいるのか?なぜ沈黙するのか? 江戸初期、キリシタン弾圧下の日本を舞台に、棄教した師を探すため日本に潜入したカトリック司祭たちの苦悩を描く遠藤周作の傑作小説「沈黙」を、巨匠マーティン・ス.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-01-26 23:19
  • 『沈黙 -サイレンス-』 遠藤周作からスコセッシへ

    Excerpt:  『ミーン・ストリート』『タクシードライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーティン・スコセッシ監督の最新作。スコセッシが28年もの長い間企画を暖めていた作品。  原作は遠藤周作の小説.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2017-01-26 23:28
  • 沈黙 -サイレンス-

    Excerpt: 重厚な内容だった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2017-01-27 00:20
  • [映画『沈黙-サイレンス-』を観た]

    Excerpt: ☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師によるキリスト教布教に伴う、江.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2017-01-27 00:26
  • 劇場鑑賞「沈黙 -サイレンス-」

    Excerpt: 魂のあるべき姿… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701240000/ 沈黙改版 [.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2017-01-27 06:28
  • 映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2017-01-27 10:17
  • 沈黙 サイレンス

    Excerpt: 17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴ.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-01-28 15:43
  • 沈黙 -サイレンス-

    Excerpt: 沈思黙考を促される映画。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2017-01-28 18:17
  • 映画「沈黙 -サイレンス-」

    Excerpt: 映画「沈黙 -サイレンス-」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2017-01-29 18:43
  • 沈黙 -サイレンス-

    Excerpt: 【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2017-01-30 17:38
  • 「沈黙」☆そこに真理あり

    Excerpt: 救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2017-01-31 10:38
  • 沈黙

    Excerpt:  『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-01-31 21:23
  • 宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ~。~「沈黙ーサイレンスー」~

    Excerpt: ま~ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー ... Weblog: ペバーミントの魔術師 racked: 2017-02-10 23:24
  • 沈黙 -サイレンス-/SILENCE

    Excerpt: 真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が'88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰とも称さ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2017-02-12 23:57
  • ???????????????????????????

    Excerpt: ?????-??????"Silence"?by Martin Scorsese ??????????????????20???????????????????????????????????????.. Weblog: dezire_photo & art racked: 2017-02-25 21:05
  • 「沈黙-サイレンス-」沈黙の先にみる生きる為に信仰を心を封じて生きた人たちの生き様

    Excerpt: 「沈黙-サイレンス-」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2017-02-25 22:12
  • スコセッシの執念と信仰

    Excerpt: 23日のことですが、映画「沈黙‐サイレンス‐」を鑑賞しました。 17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため 宣教師のロドリゴとガルペは日本へ 2人はマカオで出会った.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2017-06-23 02:00
  • 映画評「沈黙 -サイレンス-」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年アメリカ=台湾=メキシコ合作映画 監督マーティン・スコセッシ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-02-19 11:02