『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』('16初鑑賞107・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
11月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。


チェック:
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。
不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。

『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。
アメリカを舞台に魔法動物学者と仲間たちが巻き起こす旋風に興奮する。

ストーリー:
魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。
ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。

街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。

(シネマトゥデイ)







映画オリジナルの脚本による作品だそうで、続編製作も決定したそうな。


監督がデヴィッド・イェーツということで・・・ 『ハリー・ポッター』後半4作を監督した方ですが
正直な話、後半4作は あんまり好きではない。話も映像も暗すぎて、良い印象がないのです。


なので、今作もあんまり期待せずに鑑賞。


時代は1920年代。場所はニューヨーク。
この時代の雰囲気も独特でけっこう好きだったりする。(『華麗なるギャツビー』の時代ですよね)
主要登場人物も大人なので、落ち着いて観れました。



レビューを観ると厳しい意見も多いようですが、個人的にはハリポタよりも好き。

1作目ということで、各キャラの掘り下げみたいなのがあまりなくて、観客置いてけぼりみたいなところがあるのは確かですが、魔法動物のビジュアルと愛らしさに注目すれば気にならない。


コワルスキーとクイニーのその後が気になります。



ラスボスが誰なのか、髪型を観ればすぐ解るんですが、正体があの役者!
やっぱこの方はこういう感じのキャラが似合ってますねー。


新たなシリーズ始動にわくわくします。(*^-^*)






(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
英題:FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
製作年:2016年
日本公開:2016年11月23日
上映時間:2時間13分
配給:ワーナー・ブラザース映画
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: デヴィッド・イェーツ
原作・脚本・プロデューサー: J・K・ローリング
プロデューサー: デヴィッド・ヘイマン
製作: スティーヴ・クローヴス / ライオネル・ウィグラム
製作総指揮: ティム・ルイス / ニール・ブレア / リック・セナト
撮影: フィリップ・ルースロ
美術: スチュアート・クレイグ
編集: マーク・デイ
衣装: コリーン・アトウッド
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
視覚効果監修: ティム・バーク / クリスチャン・マンズ

キャスト
ニュート・スキャマンダー: エディ・レッドメイン
ティナ・ゴールドスタイン: キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー: ダン・フォグラー
クイニー・ゴールドスタイン: アリソン・スドル
パーシバル・グレイブス: コリン・ファレル
クリーデンス: エズラ・ミラー
メアリー・ルー・ベアボーン: サマンサ・モートン
ヘンリー・ショー・シニア: ジョン・ヴォイト
セラフィーナ・ピッカリー: カーメン・イジョゴ




よろしければ、クリックお願い致します♪




ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック