『ハドソン川の奇跡』('16初鑑賞92・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:40の回を鑑賞。


チェック:
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。
2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。

『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。
機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

ストーリー:
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。

飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点でバードストライクに合いエンジンが停止してしまう。
このまま墜落すれば乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

(シネマトゥデイ)






イーストウッド監督作品としては最も短い96分の作品。
でも、その96分に一瞬の隙もない緻密な構成。 スクリーンにずっと釘づけでした。


この事故のニュースをリアルタイムで観てた記憶があります。
その時、そしてその後、こういう出来事があったとは、本当に勉強になりました。


人間社会ってホント複雑怪奇。 無事生還してめでたしめでたしとはいかないんですね。
ハドソン川に着水した機長の判断が果たして本当に正しかったのか?


事故調査委員会や保険会社の執拗な追及。
コンピューター・シミュレーションでは別の結果が出たことで、機長の立場は危うくなる。


機械任せでそこに、”人間”としての要素はあるのか?
クライマックスの公聴会でのやり取りはじつにスリリング。


ずーっと、渋い表情の機長が最後の最後、副機長のユーモアで笑顔に。
トム・ハンクスはもちろん名優ですが、副機長役のアーロン・エッカートも、良い役者ですよね。


映画らしいエンタメとしての要素もしっかりとあり、基本ドキュメンタリー・タッチで描いた
イーストウッド監督はやっぱり素晴らしい。






(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved
英題:SULLY
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年9月24日
上映時間:1時間36分
配給:ワーナー・ブラザース映画
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: クリント・イーストウッド
製作: フランク・マーシャル / アリン・スチュワート / ティム・ムーア
脚本: トッド・コマーニキ
原作: チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー / ジェフリー・ザスロウ
製作総指揮: キップ・ネルソン / ブルース・バーマン
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
編集: ブル・マーリー
衣装: デボラ・ホッパー
音楽: クリスチャン・ジェイコブ / ザ・ティアニー・サットン・バンド

キャスト
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー: トム・ハンクス
ジェフ・スカイルズ: アーロン・エッカート
ローリー・サレンバーガー: ローラ・リニー




よろしければ、クリックお願い致します♪




アメリカン・スナイパー [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメリカン・スナイパー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: 全員英雄… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609240001/ 【映画.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-10-08 13:17
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 命が救われた気分を味わえる映画。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-10-08 13:55
  • ハドソン川の奇跡~見ものは徹底した事故調査

    Excerpt: 公式サイト。原題:Sully。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー、オータム・リーサー、サム・ハンティントン ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-10-08 15:24
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 評価:★★★★★【5点】(10) 今まで、着水なら安全と思っていた大きな勘違いに反省しきり。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-10-08 15:26
  • 『ハドソン川の奇跡』 2016年9月10日 ワーナーブラザース試写室

    Excerpt: 『ハドソン川の奇跡』 を試写会で鑑賞した。 今日の2本目であるが、こちらもエンタメ性は低く眠くなったw 【ストーリー】  2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-10-08 15:39
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: ハドソン川の奇跡@ワーナーブラザース映画試写室 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-10-08 18:32
  • 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡

    Excerpt: 映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-10-08 22:20
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が住むマンハッタン上空850メートルで航空機事故が発生。 機長チェスリー・“サリー”・サレンバーガーは制御不能という状況ながら、高速で墜落する70.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-10-09 12:51
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 監督はクリント・イーストウッド。 主演はトム・ハンクス。 2009年1月15日、ニューヨークで起こった 航空機事故からの、生還劇。 マンハッタンの上空850メートルで、 乗客乗員155人を乗せた.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-10-09 21:38
  • 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡

    Excerpt: 映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-10-10 00:42
  • 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: □オフィシャルサイト 「ハドソン川の奇跡」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 トッド・コマーニキ□キャスト トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー■鑑賞日 9月25日(日)■.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2016-10-10 16:47
  • 映画:ハドソン川の奇跡 当ブログは目撃者なので当事者?のため、涙が止まらない… 評論不可(笑)

    Excerpt: 実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。 その様子は当時、以下のようにレポート。 NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1) NY ハドソン川飛行機墜落.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-10-11 00:29
  • NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論2)

    Excerpt: まだ書き足りないことがあったので、現場リポート(総論2)です。 前回では、アメリカならではというか、NYならではの「ボランティア精神」についてテーマとしていたが、気になっていたことがある。 .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-10-11 00:30
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt:  『ハドソン川の奇跡』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クリント・イーストウッドの作品だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、機長の「離陸する」の声。それから「操縦不.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-10-11 20:47
  • 『ハドソン川の奇跡』 淡々とした機長の姿

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の映画の主人公は、いつもアメリカ人の原型ともいうべき Weblog: Days of Books, Films racked: 2016-10-12 19:19
  • 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡

    Excerpt: 映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-10-13 23:06
  • ハドソン川の奇跡/SULLY

    Excerpt: 2009年1月にニューヨークで起こったハドソン川に不時着してしまった飛行機の機長が瞬時の判断で、 155人の命を救った。 クリント・イーストウッド監督最新作。 脚本は、トッド・コマー.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2016-10-15 00:26
  • 「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: 縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及び動画が最適ツールだと主催者が.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-10-20 16:42
  • ハドソン川の奇跡  監督/クリント・イーストウッド

    Excerpt: 【出演】  トム・ハンクス  アーロン・エッカード  ローラ・リニー 【ストーリー】 2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-10-26 21:40
  • サリー機長の判断

    Excerpt: 24日のことですが、映画「ハドソン川の奇跡」IMAXを鑑賞しました。 乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失い、機長は必死に機体を制御し ハドソン川に着水に成功 全員が.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-11-19 21:38
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: SULLY 2016年 アメリカ 96分 ドラマ 劇場公開(2016/09/24) 監督: クリント・イーストウッド 『アメリカン・スナイパー』 製作: フランク・マーシャル クリント・イー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2017-02-02 22:09
  • 『ハドソン川の奇跡』(2016)

    Excerpt: 2009年1月15日、USエアウェイズ1549便は、ラガーディア空港離陸直後にバードストライクによって両エンジンが停止。サレンバーガー機長は苦渋の末に市街地を避けハドソン川への不時着水を敢行。乗員乗客.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2017-02-16 20:45
  • ハドソン川の奇跡 (2016)

    Excerpt: 機長の手記を基に実話ベース。クリント・イーストウッド監督が劇的にきめ細かく再現この意表をつく判断。一躍、ヒーローになり、逆風が吹き、再び名誉回復した経緯が感動的に描かれてました。やはり、どんな大きな乗.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-07-04 09:26
  • 映画評「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-07-07 18:45
  • 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: ハドソン川の奇跡 機体不良でハドソン川に不時着陸し 乗客全員を救った機長が、後日、 査問会でその判断の正当性を指弾される姿を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) .. Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2017-07-23 00:35