真田丸 第39回「歳月」




大河ドラマ『真田丸』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第39回「歳月」 あらすじ・・・・・・・






「信之」「昌幸」と続きまして・・・「歳月」、ワン・クッション置きましたねぇ。

前回で、本田忠勝・加藤清正がナレ死、そして昌幸父ちゃんが他界。
寂しい限り・・・


今回は信之兄やんが、九度山に信繁を訪ねてきたところから始まり。
信繁は九度山での暮らしを貧しいながらも満喫の様子。

信之兄やんがなんとかして、故郷・上田に戻れるようがんばっている旨言うが信繁は九度山での暮らしを貧しいながらも満喫の様子。


さて江戸の真田屋敷では、薫母さんがナレ死。
高畑淳子さん、いろいろ大変な数か月でした。


ルソンから豊臣秀次の娘だった たか が帰国。 真田紐のヒントを持ってきました。

ここで、きりと春が心から打ち解けたようで。


地元の農民と、真田紐の大量生産の取引が成立し、家族で宴。
嫡男:大介に囲碁を教わる信繁。


じつに暖かい雰囲気で終わるかなと思いきや、大坂から使者が。

いよいよ、今回のドラマ最大のクライマックス大坂の陣へと始動。


残り10回、全てをこれに掛けるみたいですねー!!


そして次回は、やっぱり思った通りこれ! 「幸村」





よろしければ、クリックお願い致します♪






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック