真田丸 第32回「応酬」




大河ドラマ『真田丸』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第32回「応酬」 あらすじ・・・・・・・





秀吉が亡くなり、いよいよ徳川家康 本格始動となった回です。


と、その前に、前回で死んだと思った出浦さん、有馬で療養中とな! 
死んでなかった。死んだような演出しよってからに。。。(^^;;


秀吉の遺体は塩漬け。 なんか哀れです。


対 徳川 ということで三成が対抗意識メラメラ。
徳川家康は本来のタヌキっぷりを発揮。 伊達正宗や加藤清正を取り込む。


上杉景勝さん、つかえねー!(^^;;;


きりちゃんは細川ガラシャさんに、自分も切支丹になりたいと申し出るも「覚悟はあるか」と問われ、あっさり「ないです」と返答。 この子だけ、現代人の感覚なんですね。ある意味貴重な存在。


次回も楽しみ。





よろしければ、クリックお願い致します♪
 






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「真田丸」第32回

    Excerpt: 三成vs家康… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201608140000/ 真田丸 完全版.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-08-14 20:44
  • 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い32家康対三成の対立が本格化し人望で家康が大きくリードする状況に三成は家康を討つ決心をした

    Excerpt: 大河ドラマ「真田丸」第32話は秀吉が死去して5大老、5奉行による合議制がスタートしたものの、秀吉で成り立っていた政権はこの時点で体をなさなくなっていた。そんな中三成は家 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-08-14 20:48
  • NHK大河ドラマ「真田丸」第32回「応酬」

    Excerpt: 肘を左脇下から離さない心構えで!やや内角を狙い抉り込む様にして!打つべし! この表現をよくまあ読解できましたねえ、某ヤブキ様・・って、それ以前に! ジャブの応酬じゃあなかったですか!多数派工作の応.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2016-08-14 21:37
  • 〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第32回「応酬」感想 出浦盛清は死んでなかった!まさか秀吉も??

    Excerpt: 前回のブログで 昼間ポスティングぅで 秀吉が「天下一」と称した天下茶屋跡に居てて、 「あ~秀吉も今日死ぬんやな~」 と感傷に浸っていたけど、まさか寺島進演じる、 出浦盛清 まで死んじゃうなんて.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2016-08-14 22:29
  • 【真田丸】第32回 「応酬」 感想

    Excerpt: 上杉景勝(遠藤憲一)、宇喜多秀家(高橋和也)など有力大名たちによる政権運営が始まる。 家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は、お互いに宴を開いては、自分の陣営の大名を増やそうと躍起になる。 加藤清正.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2016-08-15 06:41
  • 【真田丸】第32回感想と視聴率「応酬」

    Excerpt: 「応酬」 第32回(8/14)の関東の視聴率は、前回の17.3%より下がって、1 Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2016-08-15 15:36
  • 真田丸 第三十二回「応酬」

    Excerpt: 第三十一回「終焉」はこちら。前回の視聴率は17.3%と意外に底堅かった。まあ、秀吉の最期というビッグイベントだということをなめていたかも。小日向秀吉は、時代のカリスマでありながら錯乱する老残の男を.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-08-15 16:41
  • 大河ドラマ 感想 真田丸 第32回「応酬」

    Excerpt: 秀吉が亡くなったことを、朝鮮に出兵した諸将が帰ってくるまで秘匿することになった。それを、家康に都合よく利用されました。遺言で大名同士の婚姻も勝手にできなかったが、家康はバンバン諸大名と姻戚関係を結ぶ。.. Weblog: 架空と現実の雑記帳 racked: 2016-08-15 18:15