『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』('16初鑑賞64・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。


チェック:
「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。
帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。

前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取る。
ミア・ワシコウスカやジョニー・デップなど前作のキャストが続投し、時間を司るタイムを、『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが演じる。アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に期待。

ストーリー:
ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。

ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。
時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。

(シネマトゥデイ)







1作目の感想はコチラ

アメリカでは大コケだったらしいですが・・・
個人的には 1作目よりも好きです。 (*^-^*)


ティム・バートン監督の作風がどこか陰鬱で暗いので、
今作のジェームズ・ボビン監督の作風のほうが自分には合います。


『鏡の国のアリス』を元にしているようですが、ほとんどオリジナル。
前作では、あんま花のないヒロインやなーと思ってたミア・ワシコウスカですが、
前作以降、いろんなタイプの作品に出演してスキルを積んだようで、今回の演技には迷いがなかったですね。


今作では甲冑を着てドラゴンと戦うような場面はありませんが(それで良いと思う。そんな場面いらない)
マッド・ハッターの家族を救うために奔走。

そして、赤の女王の過去も知ることになり、ただの意地悪な女王ではないことが明かされます。


個人的には、赤の女王に感情移入。 「私は誰からも愛されない・・・」
切ないです・・・


マッド・ハッターの父の思いにも感動させられます。


ビジュアル的には、タイムの住む時計仕掛けの城が素晴らしい(もろ好み)
こういう映像観るだけでも、入場料払う価値はあるかな。(^^)



ティム・バートンが監督しなくて正解だと思いました。

エンドクレジットで「アラン・リックマンに捧ぐ」とでたときは胸が熱くなった。
偉大なる名優のご冥福をお祈りします。






(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
英題:ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年7月1日
上映時間:1時間53分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
視覚効果アニメーション:ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
カラー/ビスタ

スタッフ
監督: ジェームズ・ボビン
製作: ティム・バートン / スザンヌ・トッド / ジェニファー・トッド / ジョー・ロス
脚本: リンダ・ウールヴァートン
キャラクター原案: ルイス・キャロル
製作総指揮: ジョン・G・スコッティ
撮影監督: スチュアート・ドライバーグ
プロダクションデザイン: ダン・ヘナ
編集: アンドリュー・ワイスブラム
衣装: コリーン・アトウッド
視覚効果スーパーバイザー: ケン・ラルストン / ジェイ・レッド
音楽: ダニー・エルフマン

キャスト
マッドハッター: ジョニー・デップ
白の女王: アン・ハサウェイ
アリス: ミア・ワシコウスカ
ザニック: リス・エヴァンス
赤の女王: ヘレナ・ボナム=カーター
タイム: サシャ・バロン・コーエン
(声の出演)
アブソレム: アラン・リックマン
チェシャ猫: スティーヴン・フライ
白うさぎ: マイケル・シーン
ベイヤード: ティモシー・スポール




よろしければ、クリックお願い致します♪




アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
2010-08-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック