真田丸 第10回「妙手」




大河ドラマ『真田丸』のお時間です。
第10回「妙手」 あらすじ・・・・・





そういえば『天地人』では城田優でしたなー。だいたい⇒このあたり

直江兼続さん、今回すでに「愛」の兜を被ってた。脚本書く人によってだいぶ雰囲気変わりますね。


さて今回も、かなり楽しく鑑賞。

信幸と家康のやりとり、横から本多忠勝、ナレーションでありましたが、忠勝の娘・稲と信幸が結婚するんですよねー。・・・あの病弱な方はどうなるんでしょう。


梅ちゃんと信繁、知らんあいだに、やることやってるのねー。ややこができたって。


戦をしかけて上杉に負けたふりをして、沼田城攻めの北条軍を撤退させることに成功。
このあたり、なかなか面白い。


来週はどうなりますか。(^^)






よろしければ、クリックお願い致します♪
 




真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2015-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「真田丸」第10回「妙手」

    Excerpt: 先週は急転直下の展開が続いてもうなんだか右往左往!野生の勘で生き抜く昌幸パパ上様は慌てふためきながらも変転する事態に対して臨機応変自在に変化・・・節操がないとか言わない!これこそが野生の勘働きなのでご.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2016-03-13 20:47
  • 大河ドラマ「真田丸」第10回

    Excerpt: いただきじゃ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603130001/ るるぶ真田丸価.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-03-13 21:08
  • 真田丸 第十回 「妙手」

    Excerpt: 第九回「駆引」はこちら。前回の視聴率は16.6%と最低を更新した。甘くないですなあ。裏の日テレバラエティ軍団は、ひところ数字を落としていたのに大回復。そちらの影響と、BS視聴の定着があるのかも。で.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-03-13 22:28
  • 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い10真田家最大のピンチに昌幸は家康から上田城建設費をねん出させ信繁は景勝との交渉に成功し犠牲者を出さず北条撤退に成功した

    Excerpt: 大河ドラマ「真田丸」第10話は徳川と北条が和睦した事で再び窮地に立たされた昌幸はこの窮地を乗り切るためにまず家康との交渉を信幸に託して上田城築城の資金を引き出す事に成 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-03-13 22:29
  • 真田丸 第10回「妙手」

    Excerpt: 今回は初めから信幸が大活躍します。これまで正論を述べていて、昌幸パパや信繁にメインを奪われていたここ数回でしたが、今回は家康に真田家として言うべきところはぴしっと言う姿勢をガッツリと見せていただきまし.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2016-03-13 22:31
  • 【真田丸】第10回 「妙手」 感想

    Excerpt: 北条と徳川との突然の和睦に、真田家はとまどっていた。 信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)は浜松城に乗り込み家康(内野聖陽)とじか談判。 真田のために新たに城を造るよう要求する。 しかし、家康は真田に.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2016-03-14 05:30
  • 真田丸「妙手」

    Excerpt: ついに前回からの教訓「策とは、人を死なせるいくさをさせないこと」として、上杉景勝(遠藤憲一)を説き伏せ、フェイクな戦闘を。信繁(堺雅人)が実行し、まさに「妙手」作戦成功した回でした。 おまけに、.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-03-14 08:58
  • 大河ドラマ「真田丸」 #10 妙手

    Excerpt: 突然の徳川・北条の和睦。 そして、沼田城を巡って争いが・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2016-03-14 18:28
  • 大河ドラマ 真田丸 第10回「妙手」 父さん、策は丸投げかよ

    Excerpt: 当初の目論見が外れて徳川と北条が信濃・上野を分けあう事態となり、まずは、上田に城を築くために徳川を利用することに。 Weblog: 架空と現実の雑記帳 racked: 2016-03-14 22:33