『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』('15初鑑賞83・WOWOW)




☆☆★-- (10段階評価で 5)
11月8日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


チェック:
プレイヤーが最後の一人になるまで殺し合うサバイバルゲームの出場者となった少女の活躍を描き、全世界でメガヒットを記録した人気シリーズ最終章の前編。
独裁国家パネムに対抗する組織に加わったカットニスを待ち受ける壮絶な運命を活写。

主演のジェニファー・ローレンスをはじめ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランドらおなじみの顔ぶれに加え、実力派女優ジュリアン・ムーアが新たに参戦する。

ストーリー:
歴代勝者を戦わせる記念大会の闘技場からすんでのところで助けられたカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、第13地区の地下にあるコイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍の秘密基地に収容される。

そこでは独裁国家パネムを打ち負かし、自由で平等な国家を作り上げるための戦いの準備が着々と進行しており、彼女も反乱軍と一緒に戦うことを決める。
しかしスノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、人質にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をプロパガンダに使い……。

(シネマトゥデイ)








劇場鑑賞はタイミングが合わず、今回WOWOWでの鑑賞。
個人的にはけっこう面白かった2作目はしっかり観とかないと、なんのこっちゃさっぱり解りません。


なんの説明もなく、いきなり2作目の続きから始まりますから。


ヤングアダルト向けのライト・ノベルが原作ですから、物語自体にある種の適当さは大いに感じますが、アクションものというよりは、より政治的になった「FINAL」の第1部。

映画会社の商売の仕方には疑問です。


ま、とにかく、今作はほとんどアクション・シーンはなく、主人公カットニスが反乱軍のプロパガンダで「英雄」この場合ジャンヌ・ダルクのように祀り上げられていく過程が描かれております。

カットニス自身もこのことを自覚しており、自分の思い・感情との葛藤がストーリーのメイン。


エンタメとすると、ただただ退屈な場面が多くて、正直2部作にした意味が解らん。(金儲けがしたいだけなんでしょうけども)2つに分けたことで、時間稼ぎのための無駄な場面が多すぎ。


いい役者さんが揃っているんですけどね。





1作目の感想はコチラ
2作目の感想はコチラ







TM & (C) 2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
英題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年6月5日
上映時間:2時間2分
配給:KADOKAWA
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: フランシス・ローレンス
原作: スーザン・コリンズ

キャスト
ジェニファー・ローレンス
ジョシュ・ハッチャーソン
リアム・ヘムズワース
ジュリアン・ムーア
サム・クラフリン
フィリップ・シーモア・ホフマン
ドナルド・サザーランド




よろしければ、クリックお願い致します♪




ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック