花燃ゆ 第43回「萩の乱に誓う」




大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。
第43回 「萩の乱に誓う」 あらすじ・・・・・






群馬で「教育」の重要性を感じた美和さん。

当時は子供であっても、重要な稼ぎ手。 
勉強させる暇があったら、働かせて稼がせるのが当たり前な時代なんですね。
これが女子の場合は、さらにこういう考え方がきつくなります。


萩では前原一誠が、政府に対して反乱。
東京にいる甥っこが萩に戻って反乱に加わるのではないかと心配した美和さん、東京へ向かい
甥っ子と一緒に萩へ。


既に反乱は政府軍に鎮圧されて、兄の息子が死亡。
責任を感じた叔父:玉木文之進は切腹、と次々と死んでいく。


美和さんかなり精神的ダメージ。
さてどうなりますか。 淡々と進行してますが、これからの展開が興味深い。
次回は本格的に教育を始めるようで、美和のがんばりに期待。




よろしければ、クリックお願い致します♪
 





花燃ゆ 四
NHK出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 四 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック