『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』('15初鑑賞60・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
8月12日(水) 109シネマズHAT神戸 シアター9 にて 12:50の回を鑑賞。 2D・字幕版。


チェック:
ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾。
スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。

共演は、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、アレック・ボールドウィンら。
高度1,500メートル、時速400キロメートルで飛行中の軍用機侵入を試みる、トムの命知らずのアクションも見どころ。

ストーリー:
正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。

拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。
拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

(シネマトゥデイ)








この夏(年)はシリーズもののオンパレードなんですけども、生身のアクションを売りにした作品が、個人的にも高評価なのです。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がこの夏一番のお気に入りですが、この『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』もお気に入りのひとつとなりました。(^-^)


輸送機にしがみつくところを最初にもってくるとは、なんとも贅沢。

あのテーマ曲が流れると、ワクワクしますねぇ!


正直、前作『ゴースト・プロトコル』に比べると地味な印象ではありますが、正統派のスパイ・アクションとして楽しめました。


クリストファー・マッカリー監督の『アウトロー』はあんまり面白いとは思わなかったんだけども。(^^;


お気に入り場面は、ウィーンのオペラ座での『トゥーランドット』上演中の舞台裏での攻防。
個人的にこういうシチュエーションは昔からすごく好きなんですよ。



もちろん、貯水層へのダイブや、『ワイスピ』ばりのカー・スタントも見どころ。
バイク・アクションは『M:I-2』のジョン・ウー監督っぽい(マンガっぽい)のではなくて安心した。(個人的見解)


シンジケートのラスボスがあんまり強くないのが不満点。



あの俳優さんが最後にはIMFの長官になるんやなーと思ったら、やっぱりそうでした。


お子ちゃまには少々しんどいかもしれんけど、夏休み映画には最適です。



『M:I-3』の感想はコチラ
『M:I-4』の感想はコチラ



英題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年8月7日
上映時間:2時間11分
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
製作:Bad Robot / Skydance Productions / TC Productions
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・脚本: クリストファー・マッカリー
脚本: ドリュー・ピアース / ウィル・ステープル
製作: トム・クルーズ / J・J・エイブラムス / ブライアン・バーク / デヴィッド・エリソン /
デイナ・ゴールドバーグ / ドン・グレンジャー
製作総指揮: ジェイク・マイヤーズ
撮影監督: ロバート・エルスウィット
プロダクション・デザイナー: ジム・ビゼル
編集: エディ・ハミルトン
衣装デザイン: ジョアンナ・ジョンストン
音楽: ジョー・クレイマー

キャスト
イーサン・ハント: トム・クルーズ
ウィリアム・ブラント: ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン: サイモン・ペッグ
イルサ・ファウスト: レベッカ・ファーガソン
ルーサー・スティッケル: ヴィング・レイムス
ソロモン・レイン: ショーン・ハリス
アラン・ハンリー: アレック・ボールドウィン




よろしければ、クリックお願い致します♪
  



【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル クアドリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-07-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル クアドリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック