花燃ゆ 第25回「風になる友」




大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。
第25回「風になる友」 あらすじ・・・・・・






本日の主役は、前回 自分は風 と言った稔麿くんです。
史実通りの展開。 

池田屋に新選組襲撃の際、一旦は逃げたけども、仲間のことが気にかかり、
戻って、討たれるというお話。


演出的には、逃げてる最中に、やっぱり戻る云々と桂に話す場面がやたらゆったりで、そんなにゆっくり話してる間に、仲間がどんどん新選組にやられていってるで~とツッコミたくなります。

日本のドラマ・映画には、こういうパターンがけっこう多くて、もうちょっと緊迫感だしてスピーディーにせんとしらけるなぁ~と思うところ。


その他には、高杉晋作が野山獄に捕えられることと、文さんが養子とどう接すればいいのか悩むというお話。


・・・でも、昨日まで、おばさんやった方を、母上って(大人の都合で)呼ぶっていうのは、当時の子どもはいろいろと気苦労多かったんでしょうねぇ。(^^;;






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 










花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2015-05-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック