花燃ゆ 第10回「躍動!松下村塾」




大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。
第10回「躍動!松下村塾」 あらすじ・・・・・・







群像劇として、面白く鑑賞させて頂きました。
これからも、もっともっと塾生が増えるでしょうから、個性的な面々の登場が楽しみです。


今回は江戸に行きたい吉田くんメイン。
前回から微妙に目立っている伊藤利助くん(劇団ひとり)は、今回も微妙に目立っております。



松陰先生、ふぐは食わぬと。
伊藤くんは、それがどういう意味なのか、思案し、答えのようなものをみつけました。


なんのための勉学か、なんのための志(こころざし)かと吉田くんに問う松陰先生。
最初は漠然としたことしか答えられなかった吉田くん。
でも、自らその答えをみつけて、江戸行きを懇願。

しかし藩の重鎮はそれを拒否。 「狂いたまえ!」と松陰先生。
塾生たちは乗

り込んで、訴えます。


小田村伊之助さんは、表向きは松下村塾の面々とは敵対風ですが、陰では吉田くんの江戸行きを支援。



当時は殿さまが良いと言えば良いんですよね。
主人公であるはずの文さん。 群像の一人といった感じですが、このほうが良いと思う。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2014-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック