『風に立つライオン』('15初鑑賞26・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
3月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:20の回を鑑賞。


チェック:
ケニアで医療ボランティアに従事した実在の医師・柴田紘一郎氏の話に、さだまさしが着想を得て作った楽曲から生まれたヒューマンドラマ。
ケニアの病院で働くことになった日本人医師が、心と体に深い傷を負った患者たちと向き合っていく。

監督はさまざまなジャンルの作品を世に送り出してきた三池崇史。
テレビドラマ「JIN −仁−」シリーズなどの大沢たかお、『幕末高校生』などの石原さとみ、『さよなら渓谷』などの真木よう子らが集結。
医療のあり方を見つめた物語に加え、ケニアの雄大な風景も観る者の胸を打つ。

ストーリー:
アフリカ医療に尽力した医師シュバイツァーの自伝に感動し、医学の道を進んだ島田航一郎(大沢たかお)。
ある日、彼は勤めている大学病院からケニアの研究施設へ派遣されることに。

離島医療に励む婚約者・秋島貴子(真木よう子)と離れてケニアに渡った彼は、すぐさま現地の戦傷病院からの派遣要請を受ける。
そこで目にした凄惨(せいさん)な環境に医師としての使命を感じ、同病院への転籍を決める。
忙しい日々を送る状況で、ンドゥングという心と体に傷を負った少年兵と出会うが……。

(シネマトゥデイ)









あの三池監督が、こういう映画を撮ったということに驚きます。
あのヴァイオレンスものが多い三池監督が撮ったんですよ!

三池監督の引き出しの種類の多さに、完服いたします。(^-^)


実話を元に、さだまさし が歌を作って、それを元にさだまさし自身が小説を書いて映画化という、ちょっと変わった経緯です。


観ていると、実話なんだなーと思える部分と、あきらかに創作したなーと思う部分が解りました。


冒頭は東日本大震災で崩壊した東北の風景。
映像としては、かなり映画的なオーバーな表現、ちょっとSFっぽい雰囲気にも見えた。   


ガレキが散乱するところに立ちすくむ、一人のアフリカ系男性。
名前は ミケランジェロ・コーイチロー・ンドゥング。 「ガンバレ、ガンバレ」とつぶやきます。


この導入部から、過去へとさかのぼり、大沢たかおが演じる主人公:航一郎の登場。


お話は、時代を行ったり来たりしながら、アフリカのケニアや日本の長崎と、場所も行ったり来たりしながら展開していきます。


このあたりは、脚本家の腕にかかってくる部分だと思われ、正直なところ、あまり意味が見いだせなかった。


最も印象的な部分は、 内戦状態の国にあって、地雷を撤去するのに、わざと子供たちを一列に並ばせて、進ませる場面。人間とはとことんまで残酷になれる生き物。

そして、麻薬を打たれて少年兵として 9人を殺めた ンドゥングが涙ながらにそのことを航一郎にうったえる。
「それなら、一生をかけて、10人の命を救えばいい」

深く心に刻まれるセリフです。



その反面、ちょっと創作しすぎではないかと思ったのが、クリスマスに ンドゥングに銃のおもちゃを渡すところ。
いわゆる ショック療法なんでしょうけど。



ケニアでの この撮影で人生観が変わったらしい 石原さとみ。 
すごく良い表情をしていると思います。 彼女の代表作になるんじゃないかと思う。


真木よう子の長崎パートも作品のメリハリをつける意味で重要ですね。



ケニアと長崎 役者ではなくて地元の住人を出演させたとあって、長崎のじいちゃん・ばあちゃんたちは妙にドキュメンタリー風味。(素人ですから(^^;; ) ケニアの方は演技がどうこうは正直わからない。



細かい部分で気になるところはあるが、この作品もまた、観ておいた方が良い作品だと思います。








製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年3月14日
上映時間:2時間19分
配給:東宝
製作:映画「風に立つライオン」製作委員会
製作プロダクション:日テレアックスオン / OLM
カラー/シネマスコープ

スタッフ
原作・主題歌: さだまさし
監督: 三池崇史
脚本: 斉藤ひろし
音楽: 遠藤浩二
撮影: 北信康
照明: 渡部嘉
録音: 中村淳
美術: 林田裕至

キャスト
大沢たかお、石原さとみ、真木よう子
萩原聖人、鈴木亮平、藤谷文子
山崎一、石橋蓮司





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



風に立つライオン (幻冬舎文庫)
幻冬舎
さだ まさし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風に立つライオン (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 風に立つライオン

    Excerpt: アフリカの中心で、愛をさけぶ 公式サイト 。さだまさし原作、三池崇史監督。大沢たかお、石原さとみ、真木よう子、萩原聖人、鈴木亮平、藤谷文子、山崎一、石橋蓮司、中村久美、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-03-27 20:49
  • 風に立つライオン

    Excerpt: 風に立つライオン@新宿明治安田生命ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2015-03-27 23:30
  • 劇場鑑賞「風に立つライオン」

    Excerpt: “想い”を、繋ぐ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503150000/ 【楽天ブッ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-03-28 06:25
  • 風に立つライオン

    Excerpt: 風に立つライオン MOVIX川口 2015/3/14公開 アフリカ医療に尽力した医師シュバイツァーの自伝に感動し、 医学の道を進んだ島田航一郎(大沢たかお)。 ある日、彼は勤めている大学病院.. Weblog: 単館系 racked: 2015-03-28 23:50
  • 『風に立つライオン』

    Excerpt: □監督 三池崇史 「風に立つライオン」□脚本 斉藤ひろし□原作 さだまさし□キャスト 大沢たかお、石原さとみ、真木よう子、萩原聖人、鈴木亮平■鑑賞日 3月15日(日)■劇場 チネチッタ■cya.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-03-29 08:19
  • 希望をつなぐ命のバトン。~「風に立つライオン」~

    Excerpt:   もともとはさだまさしの同名楽曲で1987年の作品。 もちろんリアルタイムで聞いてる。(;´∀`) 8年前に大沢たかおがこれを聞いてさだまさしに直談判して、小説化・映画化を強く希望するも そのと.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-04-28 18:24
  • 希望をつなぐ命のバトン。~「風に立つライオン」~

    Excerpt:   もともとはさだまさしの同名楽曲で1987年の作品。 もちろんリアルタイムで聞いてる。(;´∀`) 8年前に大沢たかおがこれを聞いてさだまさしに直談判して、小説化・映画化を強く希望するも そのと.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-04-30 00:26
  • 映画評「風に立つライオン」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-06-14 18:16