花燃ゆ 第6回「女囚の秘密」




大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。
第6回「女囚の秘密」 あらすじ・・・・・






井川遥が演じる高須久子メインの回です。
主人公の文さんは、前回同様、赤の他人さまのために奔走しております。


物語の進行は前回とほぼ同じ展開。
歴史的な事柄はまだ大きくは動き出していないので、大河というより、ごくごく普通のドラマという感じ。


決して悪いとは思いません。
井川遥色っぽくて良い♪ 井上真央はガキっぽく・・・役柄云々というよりも、まだ若いですから。


文さんが冨永有隣に贈った筆が元で、野山獄の皆様(囚人のわりには楽しそうな面々)団結してるし。



最後には囚人の皆の前で寅次郎さん講義してるし。
寅次郎(松陰)の言っていることはすごく勉強になりますね。


ドラマとしては、まだまだ不安がぬぐいきれませんが・・・。




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2014-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「花燃ゆ」 #06 女囚の秘密

    Excerpt: 野山獄につながっている寅次郎。 そこにいる女囚人・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2015-02-08 20:46
  • NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第6回「女囚の秘密」

    Excerpt: 先週はパワーアップのアイテムの「ボタオ」を入手した所まででしたね。それをどう使ってどう寅兄様に助力するのか、そこら辺に期待大!ですけど・・・文ちゃんまだまだローティーン、あんまり持ち上げすぎるのも何だ.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2015-02-08 20:51
  • 花燃ゆ 第6回「女囚の秘密」

    Excerpt: 今回の話の中心は野山獄のなかでのユーモアセンス溢れる面々となりました。話の発端は唯一の女囚である高須久子が文に対して実家への手紙を託すことから始まります。断られても何度でもお願いしますという無茶苦茶な.. Weblog: ともさんのふむふむ大辞典 racked: 2015-02-08 21:57