阪神淡路大震災 20周年




2015年(平成27年)1月17日
阪神淡路大震災から20周年


TVをつけると朝早くから震災関連の報道特集が放送されていました。
私は、相変らず観る気がしません。







火災の影響が一番ひどかった区の一番北の端で住んでいるので、当時は「一部損壊」程度。
もともと竹林だった場所なので、地盤は固いらしい。


それでもあの瞬間の「揺れ」は今でもはっきりと覚えている。


あれから20年ですか。


観光地などの有名な場所は「復興」しているのでしょうけども、我が区の一番火災の酷かった場所は
キレイな建物は建ったが、人が戻ってこなくて、過疎化している。


全てを行政の責任にはできないが、神戸市の行政は、ほんっ・・・とに、街づくりが下手だ。
これは私一人の意見ではない。


地震大国に住んでいる以上、これからも地震の危険はますばかり。
耐震設備の充実と共に、人の心のつながりが重視される時代に入っています。



思いとしては、このような大災害が起きない・・・ことは難しいけども、起きたとしても、乗り越えられる、そんな人と人の繋がりを強固にしていきたいと思うそんな20周年です。







 ←よろしければ、クリックお願い致します♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック