軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」




大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。
あらすじ・・・・・


 





秀次の一件は、予想通り、さらっと(ほんの数分・・・)描かれました。(^^;;
いとも簡単に、甥っ子に切腹させる秀吉さん。実際はもっと葛藤があったんやと思いますけど。
影には、淀:茶々と三成の策謀。


秀次の親族、ことごとく処刑。秀次に近しい人物として、官兵衛=如水も秀吉に呼ばれ
ひさびさに対面。その老いた姿をみた官兵衛さん、秀吉の天命が尽きるのも時間の問題と悟り
秀吉の提案:再び軍師として側にいてほしい・・・を受け入れ、安い石高で自分の悪い噂をものともせず努めておりました。







再び朝鮮への出兵が決まり、「傷は最小限に抑える」ため、官兵衛も朝鮮へ。
負け戦覚悟での朝鮮の舟の中に、官兵衛の次男:熊ノ助の姿も。


朝鮮出兵の前に、病床の小早川隆景の見舞いに行く官兵衛さん。
傍らには、後に関ヶ原で西軍:豊臣を裏切って東軍:徳川についた小早川秀秋の姿も。


終わりが近づくと、次々とメインキャラが死んでいきます。


来週は、秀吉の最期。さて、どんなふうに逝くのでしょうか。





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 







NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 四
NHK出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 四 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック