軍師官兵衛 第38回「追い込まれる軍師」




大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間でございます。
あらすじ・・・・


 





冒頭から、ドえらく重苦しい展開となります。
黒田家存続のためとはいえ、ほとんどだまし討ちになって、官兵衛自身も宇都宮の息子を
殺すことになり、やりきれなさ全開の状態。


一方の諸悪の根源となりつつある豊臣秀吉さんは、大坂にて茶々のご機嫌伺いに必死。
城をくれれば、殿のお子を産みます・・・との茶々の言葉に狂喜乱舞のご様子。


秀吉さんの悩乱っぷり、お見事。(^^;;



長政くんは、家に帰えると、女中のみなさんから総スカン。
母親:光まで登場して、宇都宮の娘を、「逃げた」ことにして、助けることになりました。








大政所(秀吉のオカン)のお見舞いという理由で、大坂にきた徳川家康。
ここで、初めて官兵衛と対面。


このあたりは非常に面白い場面でした。


家康がある宴の席の話として、
秀吉が、自分が亡きあと天下をとるの誰か?と・・・秀吉は、それは官兵衛だと言う。


このあたり史実らしい。
このあと官兵衛は自分はそんな意志はないと証明するために隠居するんですが、来週のお話。


今回一番印象に残った部分は、秀吉の変わりよう。
かつては、共に戦った仲間を家族のように扱っていたのに、今では「将棋の駒」とまで言うようになる。
慢心を起こして、まさに権力の魔性に食われた姿。


これ『秀吉』の頃には、ここまで演じれなかった部分でしょうね。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック