軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」




大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。
あらすじ・・・・・


 





ここ最近、超高速で話が進んでいましたので、今回はすごくゆったりと流れていくようでした。
今回のメインは、私個人的に一押しの道薫こと荒木村重。


この場面だけで充分だったりする。
官兵衛さんが、キリスト教の洗礼を受けて、「シメオン」と名乗る過程も描かれていますが、やっぱ村重を演じた田中哲司が上手いなぁー。(^-^)








豊臣姓を名乗ることになった秀吉さん。
茶々をどうにかものにしたい。けども、そうはいかない。茶々に振り回されっぱなし。


道薫こと荒木村重の話を聞きたいと茶々さん。二階堂ふみ、よく似合ってるわ。
村重のお話を聴く会のまえに官兵衛に合いにいった村重。そこで、実の息子との再会。


この子が岩佐又兵衛だったのね。
わたしゃてっきり、牢番の息子が岩佐又兵衛かと勘違いしてましたわ。


今回で村重の出番は終了。
村重を主人公にして映画作ってほしいくらいです。


今年の大河ドラマは脇役が魅力的な面々が揃ってて良いですね。
小寺の殿さま、荒木村重とお気に入りのキャラが居なくなるのがさびしい。


・・・そして、秀吉と官兵衛の関係にも亀裂が生じております。
来週からは、九州編の始まり。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪






軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2014-08-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック