軍師官兵衛 第32回「さらば父よ!」




大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。
あらすじ・・・・・

 





今回もなんやかんやと盛りだくさんで、省略しまくりの回ですね。
出だし、オープニングが始まる前に 小牧長久手の戦いが終わってしまいました。


秀吉は三成とつるんでいます。
茶々に気に入られたい秀吉さん。 このあたりの人間関係は、視聴者も知ってるでしょ?と
ほぼ詳しい描写もなしに描かれております。

初めてこの辺りを観る方は、なんだかよーわからんのでは?



官兵衛のことが疎ましく感じられる秀吉でした。


道糞あらため道薫(荒木村重)さん、「殿は変わられた」と官兵衛に言いました。
秀吉さん、これからどんどん狂っていきますからねー。




さて、官兵衛が留守の間、宍粟郡山崎をまかされた長政くん。
農民たちの話をきく会合を開きましたが、黒田家のことを悪く言われて激昂。刀に手をかけます。

農民からの信頼を失い苦悩する長政くん。


そこへ、おじじさま、職隆さん登場。
子どもの頃の目薬作りに必要な薬草を採りに行った時のことを孫:長政に話します。

「時がかかる・・・」

ということですね。この話を聴いてなるほど! とも思いましたが、やっぱ権力者としての、上から目線の傲慢な部分も見え隠れしました。(あくまでも個人的感想)







子どもたちに駒回しを教えていた職隆さん。
眠るように息を引き取りました。


こういう最期は、素敵ですよね。(^-^)














 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2014-08-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック