『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』('14初鑑賞35・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
4月19日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 12:10の回を鑑賞。


解説:
『アベンジャーズ』でのニューヨークの戦いから2年後を舞台に、キャプテン・アメリカと暗殺者ウィンター・ソルジャーとの死闘を描くアクション大作。
70年の眠りから覚め、アベンジャーズの一員として戦ったキャプテン・アメリカが、S.H.I.E.L.D.(シールド)の仲間に突如襲われ、その裏に潜む真実を追う姿を映し出す。

監督は、『ウェルカム トゥ コリンウッド』のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ。
キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスやスカーレット・ヨハンソンらが出演。
新たに加わる名優ロバート・レッドフォードの役どころにも注目。

あらすじ:
アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。

ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。
さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。

(シネマトゥデイ)









3D・字幕版を鑑賞。

正直なはなし、マーベルの『アベンジャーズ』シリーズは言うほど面白いとは思っていなくて今回も観に行くか迷いつつも鑑賞。

一番地味な『キャプテン・アメリカ』ですが、前作は第2次大戦当時(1930年代後半~40年代)の雰囲気が ジョー・ジョンストン監督の手腕ですごく良い感じで描かれてていて、好感触でした。・・・あんまり印象にの頃なかったけど。



解凍されて現代に蘇ったキャプテンですが、強化戦士とはいいつつも、生身の人間ということで、『アベンジャーズ』の中では一番感情移入しやすいキャラですな。


この第2作は前作よりも楽しめました♪

1作目を観なくても楽しめるけど、より深く観たければ、1作目を観ておきましょう。



年老いた”彼女”と対面する場面はなんだか切ない。




戦う相手が、アメリカ内部の自分の組織というところが、今のアメリカのジレンマを象徴している・・・のかな? 難しいことは解りませんが。しかも、悪役ボスはロバート・レッドフォード。


キャプテンは神様でも・機械のスーツを着ているわけでもないので、生身の格闘がメインです。
新しいメンバー”ファルコン”も登場しての空中戦はワクワクさせていただきました。


3Dの効果もそこそこあって、エンタメ作品として良く出来ていると思います。


『アベンジャーズ2』よりも『キャプテン・アメリカ3』のほうが楽しみになる展開です。
次作では ウィンター・ソルジャーがメインになるそうですね。








2014年/アメリカ/136分/シネスコ/
監督:アンソニー・ルッソ 、ジョー・ルッソ/脚本:クリストファー・マルクス 、スティーヴン・マクフィーリー/
出演:クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
2013-12-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック