『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』('14初鑑賞34・劇場)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
4月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:00の回を鑑賞。


解説:
『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などのエドガー・ライト監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト主演という黄金トリオが放つSFコメディー。
故郷の街でパブのはしごをする中年男性5人組が、いつしか世界存亡を懸けた戦いに身を投じるはめに。

『思秋期』などのパディ・コンシダイン、『ホビット 思いがけない冒険』などのマーティン・フリーマンら、イギリスの実力派が共演。奇想天外な設定や物語に加え、サイモンとニックが繰り出す息の合った掛け合いも見ものだ。

あらすじ:
ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒という学生時代に達成できなかった挑戦にリベンジすべく、故郷であるイギリス郊外の街ニュートン・ヘイヴンに戻ってきた中年男性たち。
終点となる12軒目のパブ、ワールズ・エンドを目指して、ひたすら飲みまくっては大騒ぎする彼らだったが、どこか街の住民たちの様子がおかしいことに気付く。

やがて、住民が何者かによって操られていることが判明。
目を光らせて青い血を流す彼らに追い掛けられながらも、五人はハシゴ酒を成し遂げようと逃げては飲んでを繰り返していく。

(シネマトゥデイ)








さえない中年オヤジ5人組による、パブ12軒のハシゴ酒。
くだらない脱力系コメディかと思いきや、お話はとんでもない方向に進みます。(^^;


頭やわらか~くして観ないとあきませんね。


懐かしのSF映画『光る眼』や『ボディ・スナッチャー/奪われた街』っぽい展開に
ジョン・カーペンターの最初のほうの作品に近い雰囲気ですね。


とんでもない状況になっても、ひたすら「飲む」ことに執着する主人公。
ほんと、おバカなんですけど、ラストはさらに驚愕の展開へと。


これ邦題が『~ 酔っぱらいが世界を救う!』ってますけど、
逆に世界を滅ぼしていますからっ!! 世界を救うのはこれから先ですねっ!(^^;;


いや~なんとも、はちゃめちゃな作品だったわ。


お気に入りの女優さん ロザムンド・パイクさん、この作品ではおばちゃんになったなー。
実際おばちゃんなんですけども、トム・クルーズの『アウトロー』の時は、胸元強調してて
けっこうええ感じやったんですけどねー。(^^;;



これ観た後は、ビールを飲みたくなります。(^-^)







2013年/イギリス/109分/シネスコ/
監督・脚本:エドガー・ライト/
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック