軍師官兵衛 第17回「見捨てられた城」




大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。
あらすじ・・・・


 






非常に重い回でございます。
前半、上月城に籠城する尼子勢に援軍を差し向けようと奔走する秀吉が、信長の厳命により
上月城を見捨てることを与儀なくされます。


上月城に潜入した官兵衛さん。(このあたりは創作と思われ)
尼子勝久と山中鹿介に涙ながら詫びる場面ではおもわずもらい泣きでした。


尼子勝久は上月城にて自害。
鹿介は毛利に抱えられるも、忙殺。このあたりは史実通り。


信長のあまりにも非情すぎる沙汰に、荒木村重は明日は我が身と謀反の気配。

御着城の私のご先祖様:小寺政職も、家人から織田につくのは早すぎたのでは?と
言われ毛利につくか?「思案のしどころじゃのぅ」


毛利方も、背後にいる宇喜多直家が味方なのか敵なのか、判断に苦しむ。
演じる陣内孝則さん、楽しんでいますねー。(^^)









宇喜多を信用できない毛利は一旦兵を引くことを決断。
毛利についた志方城、三木城は孤立。


左京進は上月城の尼子と同じ運命をたどり自害。・・・・・




御着城では・・・


官兵衛を信頼する殿の奥方:お紺さん、病床にて「迷ったら、官兵衛をたよりなさい」と
遺言。



・・・さあ、ここから、お紺の死により、官兵衛の人生最大の危機が訪れるわけですが、
まずは次回、荒木村重の謀反が描かれます。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
SMJ
2014-01-29
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック