『ホビット 竜に奪われた王国』('14初鑑賞22・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
3月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 17:45の回を鑑賞。


解説:
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。
邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケールで描く。

マーティン・フリーマン、イアン・マッケランら前作からの続投組に加え、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのオーランド・ブルームもレゴラス役で再登場。伝説の邪竜スマウグの声を、ベネディクト・カンバーバッチが担当する。

あらすじ:
ホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)や屈強なドワーフの一行と共に、たった一頭で一国を滅亡に導くと伝えられる邪悪な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を奪取すべく旅に出る。

竜の潜む山を目指す道中、巨大なクモの大群や凶暴なオークたちが一行の行く手を阻むように次々と立ちはだかり……。

(シネマトゥデイ)







前作の感想はコチラ


日本公開はやっぱり一番最後なんやなぁ。(--;
待ちに待ちました、ホビット3部作の第2作の登場です。


このBLOGでも、散々書いておりますが、いまのところの個人的BEST映画が
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』なので、その前日譚ともいうべき『ホビット』3部作も当然、劇場での鑑賞でございます。(^-^)


出だしは、ブリー村の”踊る子馬亭”での、ガンダルフとドワーフのソーリン(トーリン)の初対面の場面でした。『ロード・オブ・ザ・リング(以下、LOTR)』でも登場したお店ですね。(フロドたちホビットとアラゴルンの出会いの場面でした)

そして12か月後、前作からの続きが描かれます。


今回は『ホビット』の原作には登場しない、エルフのレゴラスが登場。演じているオーランド・ブルームはこの役で大ブレイクしました。

エルフなので、無茶しないかぎりは不老不死。60年前でもほぼ姿は変わらず。
LOTRでコンビだった、ギムリの肖像画を観て「醜い!」と言ったのが笑えた。(^^)


中盤はレゴラスと紅一点女性エルフ:タウリエルの活躍が見もの。
ドワーフのキーリがタウリエルに惚れてしまって、ロマンスが芽生えるところ、これから気になりますね。








さて、物語的には、『LOTR 二つの塔』ほど深くはなく、無理やり話を広げたなぁ~と思うところもありました。(^^;;
『LOTR』に比べると原作は短いんですよね。


『LOTR 二つの塔』では 後半は三つ巴のものすごい展開でありましたが、今回は、ビルボと邪竜スマウグ、ガンダルフとオークの”穢れの王”アゾグと冥王サウロンが姿を現す場面とドワーフたちの場面。ちょっとこじんまり(・・・といっても十分スケールは大きいんですけど)した印象。


深いなぁ~と思ったのは、「アーケン石」に執着するソーリンの描写、人間やドワーフのみならず、エルフの王でさえも欲する「アーケン石」っていったいなんなんでしょうね。ただの光り輝く石だと思うんですけども。

そして「黄金」に執着する邪竜スマウグ。声はベネディクト・カンバーバッチ。
この場面は怪獣映画を観ているようで、すごかったですね~。

最後に「指輪」に徐々に心を蝕まわれていくビルボ。
冥王サウロンが姿を現しましたが、完全なる復活はこの指輪が必要。そのお話は『LOTR』に続きます。
今回は登場しないゴラムが「愛しいしと」というこの指輪。
今回も「指輪」のために、鬼の形相で巨大グモをめった刺しにするビルボの姿があります。


ラストは思った通りの終わり方。(笑)


しかし、そこで終わるか~! また1年ぐらい待たんとあかんのかと思うと・・・。(^^;;


レゴラスが出たんやから、ギムリとかアラゴルンとかでないのかな。
(アラゴルンは人間やけど、長寿の種族の末裔なので、『LOTR』の時点で既に80歳を越えてます。なので、今作では20歳前後?のハズ)


とにかく、早く次がみたいですねー!!










2013年/ニュージーランド、アメリカ/161分/シネスコ/
監督:ピーター・ジャクソンン/原作:J・R・R・トールキン/音楽:ハワード・ショア/
出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エヴァンス/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ホビット/竜に奪われた王国』(2013)

    Excerpt: トールキンの『ホビットの冒険』を三部作で映画化するプロジェクトの2作目で、予定では日本公開も本国と同じ昨年暮れで、しかも邦題のサブタイトルは原題に準じた「スマウグの荒らし場」というものだったが、興行成.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2014-03-06 22:09
  • ホビット 竜に奪われた王国

    Excerpt: ホビット 竜に奪われた王国@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2014-03-06 22:51
  • 劇場鑑賞「ホビット 竜に奪われた王国」

    Excerpt: スマウグ、飛び立つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402280001/ 【送料無.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-03-07 07:05
  • ホビット 竜に奪われた王国

    Excerpt: 開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w   Weblog: Akira's VOICE racked: 2014-03-07 09:55
  • ホビット 竜に奪われた王国

    Excerpt: 相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ! Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-03-10 20:34
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇

    Excerpt: おもしろかった~。 ピーター・ジャクソンの作品らしく、例によって2時間半以上の長 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-03-15 23:52
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」いよいよ、これから!って、良い所で終わった、巧い作りだ

    Excerpt: 「ホビット 竜に奪われた王国」★★★★ マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、 リチャード・アーミティッジ、ケン・スコット、 グラハム・マクタビッシュ、 ウィリアム・キルシャー出演 ピーター・.. Weblog: soramove racked: 2014-03-16 20:27
  • ホビット 竜に奪われた王国

    Excerpt: 三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-07-09 09:00
  • ホビット 竜に奪われた王国

    Excerpt: THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) .. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2014-07-11 02:44
  • 『ホビット 決戦のゆくえ』('14初鑑賞83・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 12月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:25の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2014-12-29 14:49