19年前のこと




1995年 1月17日(火) 5:46  阪神淡路大震災

物凄い揺れました。今までにない揺れ。
N区の北の端に住んでいて、比較的地盤の固い場所だったので、一部損壊ですみました。

しばらくして、電気が復旧し、TVを点けたら、阪神高速が横倒しになっている映像。
もう、ほんと、強烈な体験でしたね。


4日後に自転車に乗って南下。

一部損壊程度の住宅からじょじょに崩れていって、4階が1階になったビル、お辞儀してるビル、ゴジラに踏みつぶされたかのような建物、そして、一面の焼野原。そう、まるで空襲にあったかのような光景。

強烈に脳裏に刻まれています。


「国土乱れん時は先ず鬼神(思想・哲学)乱る鬼神乱るるが故に万民乱る」


この御文が思い起こされました。

この時の某大臣は「携帯電話があるから大丈夫」と言い放ち、某総理は被災地に来るのがスイスの犬(スイスが派遣してくれた災害救助犬)よりも遅かった。文字通り畜生よりも劣る連中。

その後、世界各地で天変地異が続発。東北にも地震に津波。


「汝須らく一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らんものか(あなたが自分の幸せ・安穏を祈るのであれば、まず最初に全世界の平和・安穏を祈って行動をしなさい)」


他者の苦しみを自分の苦しみと思って、自分のみならず他者の幸せを祈って行動できる自分になろうと、再び決意する1月17日です。



 ←よろしければ、クリックお願い致します♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック