八重の桜 第48回「グッバイ、また会わん」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


関東に向かった襄(オダギリジョー)は、同志社大学を設立するための募金活動をしていたが、体調を崩してしまい、大磯の旅館で療養していた。
見舞いに訪れた徳富蘇峰(中村蒼)は、八重(綾瀬はるか)に病状を伝えるべきだと言うが、襄は断固としてそれを拒む。

一方、京都では、八重が襄からのはがきの文字で、夫の体調に異変があったことを察知する。
すでに襄の病状を知っていた覚馬(西島秀俊)から事情を聞き、予感が真実だったことを知った八重は急ぎ大磯へ向かう。

(公式ホームページより)




残すところ あと2回となりました。

毎年この時期になると、メインキャラクターが次から次へと お亡くなりになるので
観てるほうも切なくなることこのうえないですね。

正直なはなし、今回の大河は個人的にはそれほど思い入れがないのですが、それでも、今回の襄が息を引き取る場面では、自然と涙が出てしまいます。

ただ単に、自分が歳をとって、涙もろくなっただけかもしれませんが。

あと2回で日清・日露戦争を描くのでしょうか?

最後までしっかり見届けたいと思います。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 





八重の桜 3 (ジャンプコミックス)
集英社
竹村 洋平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 3 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック