八重の桜 第46回「駆け落ち」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


母・時栄(谷村美月)が覚馬と離縁し、山本家を出ていって以来、ふさぎ込む久栄(門脇麦)。
八重(綾瀬はるか)は、母親代わりになろうと久栄を気遣うが、なかなか心を開いてくれない。

そんななか、久栄がただひとり心を許したのが徳富猪一郎(中村蒼)の弟・健次郎(太賀)だった。
優秀な兄といつも比較され肩身の狭い思いをしている健次郎と、山本家に居心地の悪さを感じている久栄。

2人は悩みを打ち明け合ううちに、結婚を意識し合うようになる。
しかし、その展開に八重が猛然と待ったをかける。

(公式ホームページより)




八重さんの眉間の縦皺が多いのが気になります。
今回で、山本家の家族が2名他界。

不幸って重なるものです。

”駆け落ち”というタイトルですが、正確には駆け落ち未遂。

感心するのは、『レ・ミゼラブル』を英語版で読んでること。
当時はまだ、翻訳できてなかったんですね。

来週は、いよいよ襄の寿命が尽きつつあるようで、どんな展開になるのか。
あと4回。しっかり観ていきたいと思います。




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 






八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)
バップ
2013-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック