八重の桜 第39回「私たちの子ども」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、女子教育の場となる同志社女学校が誕生した。
しかし開校後まもなく、リツ(大後寿々花)という名の薩摩出身の女学生が結核にかかってしまう。

八重はリツを自分の家に移し、献身的に看病をするが、リツは八重をかたくなに拒む。
なぜなら、リツの父は10年前の会津戦争で亡くなっていたからだった。

八重は、自分の過去を責めて落ち込むが、あきらめずにリツを看護し続け…。

(公式ホームページより)





いつかはこういう場面が出てくると思ってたし、どう描くのかな?と興味ありました。
わりと普通な演出でした。



双方、自分らが正しく、相手が間違っていると思っているわけで。


これが戦争の現実ですね。



大後寿々花ちゃん、このこ演技が上手いんだけど、あんまり可愛くなってないですね。
(ファンの方、すみません)


あごのラインが綾瀬はるかと良く似てるなぁと思いました。






 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 









八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)
バップ
2013-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック