八重の桜 第30回「再起への道」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


会津戦争から半年が過ぎ、八重(綾瀬はるか)たちは米沢藩の知人宅に身を寄せながら、食いぶちを稼ぐため反物の行商をしていた。
捕らえられた尚之助(長谷川博己)からの便りはなく、八重は不安を募らせる。

その後、会津藩は家老・萱野権兵衛(柳沢慎吾)の斬首という犠牲によってお家断絶を免れ、斗南へ移されることが決まった。そして、筆頭の大参事となった大蔵(玉山鉄二)は、いつの日か会津の土地を取り返すため思いを募らせる。


一方、箱館の五稜郭で戦いを続けていた旧幕府軍は、萱野の処刑が執行されたのと同じ日に降伏。
「鳥羽・伏見の戦い」から始まった戊辰戦争がついに終結した。

(公式ホームページより)




今回で完全に戊辰戦争の場面は終わり。
観ててかなりイライラする展開が続いたので、これからやっと本題に入りそうな感じ。
私が観たいのは、ここからの話でありました。



冒頭はオダギリジョーが演じる新島襄の場面。マサチューセッツの教会でお祈りをしています。


米沢で暮らす八重さん。・・・世間の会津にたいする目は冷たいものがあります。
戦闘のことを夢にみてうなされる八重さん。


萱野権兵衛さん、ひとりですべてを背負い斬首。
お家再興が叶い、八重を訪ねてきた大蔵。 


再興のお祝いってことで、会津の郷土料理を食する場面、ふいに泣けてきました。


これからの展開に期待。






 ← クリックお願いします♪




八重の桜 2 (ジャンプコミックス)
集英社
竹村 洋平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 2 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「八重の桜」第30回

    Excerpt: 新しい藩名は、斗南… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307280003/ 【送料無.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-07-28 20:33
  • NHK大河ドラマ「八重の桜」第30回「再起への道」

    Excerpt: 絵に描いたような貧乏くじの引き続きでとうとう会津は全面降伏。かくなる上はお殿様の助命嘆願・・・まああれだけ素直にしかも重々しく頭を下げられてしまっては、何とかお助けしたいと思うのもさもアリナミン。でも.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2013-07-28 20:47
  • 【八重の桜】第30回 「再起への道」感想

    Excerpt: 尚之助(長谷川博己)は捕虜となり、八重(綾瀬はるか)たちは、米沢藩の知人の家に 身を寄せる。 八重は食いぶちを稼ぐため、反物の行商に励むが、やせ衰えていく佐久(風吹ジュン)のことが 気にかか.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-07-28 21:05
  • 「八重の桜」 第30回、再起への道

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」。第30回、再起への道。 会津藩は斗南藩へ。 米沢藩で新しい生活を始めた八重。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2013-07-28 21:38
  • 八重の桜 第30回 「再起への道」 会津に帰る道はない・・・

    Excerpt: まずは、アメリカは ボストンにいる 新島襄 です。密航したのは、えっと・・・第10回「池田屋事件」の回だったのですね。5年前、八重さんはまだ尚之助さんと結婚していなかった頃。大きく変わりましたよね、日.. Weblog: 風のうわさ racked: 2013-07-28 23:57
  • 大河ドラマ「八重の桜」 #30 再起への道

    Excerpt: 会津戦争が終わって、番組のPR方法もちょっと変わってきました。 久々に新島襄の登場です。 一方米沢で反物を売る八重。 時代の動きは止まりません。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2013-07-29 06:38
  • 八重の桜~第三十話「再起への道」

    Excerpt: 第二十九話「鶴ヶ城開城」はこちら。 前回の視聴率は14.5%。もうちょっといくと Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2013-07-29 07:40
  • 半年後 ~八重の桜・再起への道感想~

    Excerpt: 第29話からいきなり半年か。 随分と時の経つのが早いこと。 新島襄はクリスチャンの洗礼を受けて、欧米のようにヒゲをはやして、 いかにも欧米文化に親しんだ感じだねえ。 一方で八重は米沢で行商.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2013-07-29 20:25