八重の桜 第29回「鶴ヶ城開城」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


籠城からひと月近くが過ぎた9月15日。
八重(綾瀬はるか)の心配を受けながら、権八(松重豊)は補給路を奪還するために出陣する。
新政府軍は鶴ヶ城に一日に二千発を超える砲弾を撃ち込み、天守閣は無残な姿になりつつあった。

それでも最後まで会津の意地を貫こうと戦う家臣たちの姿を見た容保(綾野剛)は、ついに降伏を決意。

使者として秋月(北村有起哉)を向かわせるが、降伏の嘆願が板垣(加藤雅也)ら新政府軍に受け入れられる前に、権八が敵弾によって倒れてしまう。


その後、城内の藩士たちに降伏の内容が伝えられ、白旗が掲げられた。
1868(明治元)年9月23日、容保はついに鶴ヶ城を開城。
やり切れない思いを抱えたまま、八重は城を後にする。

(公式ホームページより)




会津戦争だけで、ほぼ一か月かけて描かれましたがやっと終了。
これから先は、かなりの駆け足で描かれるものと思われます。

果たして、昭和初期まで描けるのでしょうか?


とにかく、今後の展開に注目していきたいですね。







 ← クリックお願いします♪





NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II
commmons
2013-07-31
坂本龍一 | 中島ノブユキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック