『バレット』('13初鑑賞46・劇場)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
6月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:00の回を鑑賞。


解説:
シルヴェスター・スタローンが、『ストリート・オブ・ファイヤー』や『48時間』シリーズのウォルター・ヒル監督とタッグを組んだアクション。
相棒の復讐(ふくしゅう)に燃える殺しのプロフェッショナルが、それを成し遂げようと若き熱血刑事と共に壮絶な戦いを繰り広げていく。

スタローンがタトゥーで覆われた屈強なボディーを披露しながら、重厚感あふれる肉弾戦や銃撃戦を披露。『ワイルド・スピード』シリーズのサン・カン、『ソルジャーズ・アイランド』などのクリスチャン・スレイターら、実力派俳優が脇を固めている。


あらすじ:
逮捕歴26回、有罪2回と、修羅場をくぐり抜けてきた殺し屋ジミー(シルヴェスター・スタローン)。
相棒の復讐(ふくしゅう)を遂げようと奔走していた彼は、やむを得ない状況から敵対するべき相手である刑事テイラー(サン・カン)と手を組むことになる。

言葉よりも弾丸で全てを解決しようとするジミーと法と刑事の職務を順守するテイラーは、衝突を繰り返しながらも奇妙な絆を育んでいく。
やがて、そんな彼らの前にマフィアや警察、冷酷非道な殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が立ちはだかる。

(シネマトゥデイ)








かなり久々の ウォルター・ヒル監督作品です。
スタローンが義理人情に厚い殺し屋を演じております。


相棒が殺しの依頼主に殺され、その復讐のために仕方なく刑事と組む所謂バディ・ムービー。
刑事役が韓国系のサン・カン。最近よく見かける俳優さんですね。


ウォルター・ヒルの演出なので、銃を撃った時に相手の血飛沫が飛びまくる!
銃撃でこれだけ血が飛び散るのを観たのは久しぶり。









ポスターのスタローンの刺青(紋々)、見るからにヤクザ映画みたいです。(^^;

劇中、クローネンバーグの『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を連想させる浴場での格闘や
自作『ストリート・オブ・ファイアー』を連想させる斧での格闘シーンがあり、楽しませて
いただきました。

これまた、久々にその姿を観た、クリスチャン・スレイター 早々に出番は終わり。(^^;
この人も、やっぱり老けたなぁ。


総じて、スタローンも、ウォルター・ヒル監督自身もやっぱり老けているわけで。
衰えが映画にも滲み出てると感じるところもありますが、エンタメとして安定感は充分。


面白い作品でした。(^-^)







2012年/アメリカ/91分/ビスタ/
監督:ウォルター・ヒル/原作:マッツ/脚本:アレサンドロ・キャモン/音楽:スティーヴ・マッツァーロ/
出演:シルヴェスター・スタローン、サン・カン、サラ・シャヒ、アドウェール・アキノエ=アグバエ、クリスチャン・スレイター/




 ← クリックお願いします♪



ストリート・オブ・ファイヤー [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストリート・オブ・ファイヤー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • バレット

    Excerpt: あの歳であの肉体美は凄いな! Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-06-03 23:07
  • 劇場鑑賞「バレット」

    Excerpt: 俺流のやり方… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306040001/ バレット(帯付.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-06-04 16:41
  • 映画「バレット」殺し屋の正義が悪を貫く

    Excerpt: 映画「バレット」★★★ シルベスター・スタローン、サン・カン、 ジェイソン・モモア、 クリスチャン・スレイター出演 ウォルター・ヒル監督、 91分、2013年6月1日より全国公開 2012,アメリカ.. Weblog: soramove racked: 2013-06-25 06:58
  • バレット

    Excerpt: BULLET TO THE HEAD 2012年 アメリカ 91分 アクション/犯罪 R15+ 劇場公開(2013/06/01) 監督:ウォルター・ヒル 製作総指揮:ジョエル・シルヴァー 出演:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2013-10-12 22:48
  • 『バレット』

    Excerpt: バレット 相棒を殺された殺し屋が 刑事と反目し合いながら、宿敵に迫る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Bullet to the Head Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2014-06-21 00:11