八重の桜 第18回「尚之助との旅」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・・


会津の防衛に不安を抱いた尚之助(長谷川博己)は、八重(綾瀬はるか)を連れて周縁の地域の見聞に回る。
二本松に立ち寄った2人は、そこで熱心に砲術教練に励む少年隊士たちに出会う。
二本松藩では変事に備え、藩士は皆、鉄砲を学ぶようにとの通達が出されていたのだ。

会津に戻ると、尚之助の仕官が許され、八重も権八(松重豊)や佐久(風吹ジュン)と喜び合う。
尚之助は早速、周縁地域の見聞録や軍備増強策を提出するが、守護職就任以来かさみ続ける出費により、もはや藩には尚之助の献策を実現させる余力はなかった。


そのころ、京の岩倉村では薩摩の大久保(徳重聡)と岩倉(小堺一機)が、密かに徳川の世を覆す企てを進めていた。一方、慶喜(小泉孝太郎)は大政を奉還することで討幕派の攻撃をかわし、徳川家の生き残りを図ろうとしていた。

(公式サイトより)





八重さんパートが若干、長くなってきました。
でも基本、歴史の教科書状態。


お話自体は、決して嫌いではないんだが・・・
八重の桜』というタイトルが合っているかどうか、まだまだ疑問。


全体の3分の1過ぎてしまいましたが、どうするつもりなんやろね。
八重さん自体、昭和の初めまで生存してましたから、その時代まで描くのかな?


大政奉還。 
土佐の後藤象二郎出てきましたが、『龍馬伝』と全くイメージ違いますな。


カステラ食って、緊張のあまり吐き出す慶喜さん。
会津の立場はますます危うくなってきます。

しっかり見守っていきたいと思います。(^^;





 ← クリックお願いします♪






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「八重の桜」第18回

    Excerpt: 大政奉還… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305050005/ 八重の桜 1 (ジ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-05-06 20:12
  • 八重の桜 第18回「尚之助との旅」 銃の攻撃力差は資金の差

    Excerpt: 5月5日は、こどもの日。二本松では、子供たちが銃の稽古に励んでいましたが、この後の彼らの悲劇を思うと、とても悲しいです・・・全てのこどもが幸せでありますように、と願うこどもの日です。二人仲良く視察旅行.. Weblog: 風のうわさ racked: 2013-05-07 22:34