八重の桜 第17回「長崎からの贈り物」




『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・・


孝明天皇(市川染五郎)の突然の崩御により、会津への帰国の機会を失った容保(綾野剛)ら会津藩士たち。

そのころ、覚馬(西島秀俊)は長崎でオランダ人医師による眼の診察を受けていた。そこでの結果も良いものではなく、近く失明することを医師から告げられる。

ぼう然とする覚馬だったが、孝明天皇崩御の知らせを受け、急ぎ新式洋銃の買い付けに奔走する。しかし、新参の会津を相手にしない外国商人が多く、交渉はなかなか思うようにはいかなかった。

そんななか、レーマン(エリック・ボシック)というドイツ人武器商だけが覚馬の情熱に打たれ、新式銃の大量買い付けに応じた。そして、覚馬はレーマンから絆の証として一丁の騎兵銃を贈呈される。覚馬はスペンサー銃と呼ばれるその最新鋭の銃を、会津で帰りを待つ八重(綾瀬はるか)のもとへ送る。

そのころ会津では、八重の弟・三郎(工藤阿須加)の江戸修行が決まる。
三郎は、八重が南天の刺しゅうを施した新しい着物をまとい、笑顔で旅立っていくのだった。

(公式サイトより)




覚馬さん、両目とも悪いのでしょうか?
右目だけかと思っていましたが・・・


そういえばオランダ人医師、「世界番付」に出てる人ですね。


ドイツ人武器商人レーマンの娘さんがかわいいかったですね。(^-^)
大河ドラマはイメージに合って、かわいい子役を見つけてくるのが実に上手いです。

それにしても、新式の銃を妹に贈って、それを妹も喜ぶっていうのも、変な感じ。

三郎くんには死亡フラグが立っているように見えましたが・・・。





 ← クリックお願いします♪



八重の桜 1 (ジャンプコミックス)
集英社
2013-04-04
竹村 洋平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 1 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック