八重の桜 第11回「守護職を討て!」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派遣される部隊へ志願して権八(松重豊)から激怒される。
八重は三郎が初めて父に口答えをしたことに驚き、自分のまねばかりしていた弟の成長がうれしくもあり、寂しくもあった。

 そのころ、容保(綾野剛)らは長州軍の脅威にさらされていた。
都では佐久間象山(奥田瑛二)が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺され、覚馬(西島秀俊)は悲嘆する。そして、偵察により長州が容保の首をねらっていることを知った覚馬は、さらに怒りを募らせていく。

(公式HPより)




冒頭から佐久間象山さん暗殺。出番終了。
最近の大河ドラマでは珍しく、血が吹き飛んでいましたね。
奥田瑛二さん、貫録の演技。


会津では、弟:三郎さんの回。
八重と尚之助の関係は如何に?



やっぱり京がメイン。
長州の動きが活発になってきました。来週、大きな動き。蛤御門の変。
予告を観てると、けっこう激しく描写されてそうで、楽しみ。


『八重の桜』ってタイトル、変えたほうがええんちゃう?(^^;;





 ← クリックお願いします♪





八重の桜 メインテーマ
commmons
2013-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 メインテーマ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック