八重の桜 第7回「将軍の首」




『八重の桜』のお時間でごぜぇます。
あらすじ・・・


覚馬(西島秀俊)が八重(綾瀬はるか)や尚之助(長谷川博己)たちのもとから離れ、容保(綾野剛)に従って都へと旅立った。
 そのころ都では、攘夷を唱える不逞浪士たちによる天誅(てんちゅう)騒ぎが相次ぎ、不穏な日々が続いていた。
安寧を祈る孝明天皇(市川染五郎)は、容保を気に入り、自らの御衣(おんぞ)を特別に授ける。
その期待に応えようとした容保は、攘夷派の浪士の言い分にもあえて耳を貸し、説得によって改心させていく方策を採ろうとする。しかし、容保の融和策はうまくいかず、倒幕を目指す攘夷派の不逞浪士へ厳しい取り締まりを始める。

(御衣(おんぞ)…天皇や身分の高い人の着衣を敬っていう言葉。)

(公式ホームページより)




さらし首を(後ろからではあるが)映した映像があり、映画的な臨場感がありました。
いよいよ京都でのお話がメイン。
来週からは、壬生浪士組:後の新選組も登場して、おもしろくなりそうな気配。

ま、相変らず、八重の物語ではないですね。(^^;


今回はロケのシーンや、オープンセットのシーンも多く、おもしろく鑑賞させて頂きました。

会津のこれからは暗雲が立ち込めておりますが、どう描きますか。





 ← クリックお願いします♪





八重の桜 一
NHK出版
山本 むつみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック